名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/02/08

ビジネスがいちばんロマンチックだ

経営やマーケティングの本を読み「なるほど」と感銘した人のうち、実際に行動する人は何%いるのでしょうか?

そしてその行動した何%かの人のうち、一回やって効果が出なくとも、負けじともう一回やる人は何%?

おそらく、とても少ない気がします。だからこそ、一回でもチャレンジしたあなたはとてもスゴイ人なんですよ、と褒めてくれる著者もいますよね。でも、褒められるのは嬉しいけど、結果が出なければ、やっぱり寂しいです。

実は一回、二回のチャレンジですぐに結果が出るものって、世の中とても少ないんじゃないか、と思います。簡単に結果を出しているように見える人でも、そこに至るまでには数多くの失敗を積み重ねているようです。

こういう話は皆さん十分理解していますが、それでも失敗したり断られたりすると、自分が全否定されたような気分になり、次のチャレンジをするのが恐くなったりするんですよね・・。もちろん、僕もそうです。

鎖につながれた象が、鎖を切ろうと痛さを我慢して何度も試みるが失敗し、その後「やっても無駄。痛いだけ」と脳みそにインプットされると、鎖が外されたとしても逃げていかない、という逸話が思い出されます。

現実の世界では、チャレンジして失敗すると、賞賛されるどころか、笑われるんじゃないか。あるいは、「がんばったのに、やっぱりダメだった」という喪失感の方が、慰めの賞賛なんかよりも何倍も大きいのではないか?

こう思うと、人間はチャレンジしなくなります。そして、チャレンジを薦める人やチャレンジしようとしている人を批判するようになる。「どうせ無理だよ。だって俺やってみたけど、ダメだったもん」と・・。

僕 の仕事は経営コンサルティングだから、失敗しないようにアドバイスしたり、最短距離で成功するような情報を提供し、あらゆる面でクライアントを支援しなけ ればならない。時には、失敗して凹んでいる経営者を励まし、次の行動を促すことが、とても重要な役割になったり。でも間違いなく言える事は、成果を出して いるクライアントは、自ら率先してチャレンジし、失敗しても修正して、さらにチャレンジしていく人です。そういう会社、そういう人は、この不況でもビックリするくらいの成果を出しています。

お 金をもらってコンサルしているプロとしては、関わったクライアントの全ての業績をグングン上げたいと願うし、そうなるべく最善を尽くします。それでも、行 動する人としない人では、成果が出る確率に差が出てしまいます。そこのギャップを埋めるには、どうすればいいか・・?常に考える毎日です。

最後に、僕の大好きな梅田望夫さんの著書から・・・

「誰かにちょっと断られたからといって、すぐに傷ついてはダメだ。人格を否定されたなんて考えてはいけない。たとえば、シリコンバレーのけっこう凄いベンチャーでも、五十も百もベンチャーキャピタルを回って投資を求めても、ほとんどはノーと言われ続ける。それが当たり前なのだ。ある人が発している信号を、誰か別の人がしっかりと正しく受け止めるなんてことは、そもそもとても難しいことなのだ。だから数当たるのは当たり前のこと、断れるのは当たり前のことと思わなくてはいけない。」(ウェブ時代をゆく)

失敗してもチャレンジし続ける。そしていつか・・・。

ビジネスが一番ロマンチックだ!、なんて思う日もあったり。。

2010年も残り11ヶ月を切りました笑。

さて今年は何個チャレンジできるかな・・。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー