名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/04/25

カメは水泳で勝負しなきゃダメだよ。

どんな会社でも、どんな人でも、何かしら強みがある。

その強みを活かしたうえで、ビジネスモデルを組み立てた方が成功する確率は高まります。

ビジネスモデルって色々な定義がありますが、僕は、「誰に、何を、どのように提供することによって喜ばし、リピート購買してもらえるようにするか」を考えて組み立てることだと思っています。

この喜ばす、というところがポイントで、どんなに新しくて素晴らしいビジネスモデルでも、お客さん(多くはお金を払う人)が喜んでいないモデルはすぐに廃れます。そういう例はたくさんありました。

グルーポンなどフラッシュマーケティングと呼ばれるビジネスモデルが流行っています。

グルーポンにとってのお客さんってクーポンを出すお店とかになるのだけれど、安売りクーポンで集めた安売り目的の消費者がその後そのお店のリピーターになるかは少々疑問。

だとすると、お店は長期的に喜ぶことができるのか?というところが気になります。お客であるお店が喜ばないモデルは、少々危ういと思うのですがいかがでしょうか。

ただ、クーポンきっかけで来店して、そのお店が気に入り、再来店する消費者も何%かはいるのでしょうね・・。その何%かをゲットできればOK、という割り切り方もありといえばアリ。

ところでグルーポンの強みって何なんでしょうね。

これがどうも分からない。強いて言えば、営業力と知名度、かな・・あとシステム構築力?

いずれにしても強みを活かしたビジネスモデルになっていないと、いずれ競合他社が追いつき、差別化が難しくなってくるかもしれません。

カメは泳ぎが得意なんだから、ウサギと勝負するなら水泳に持ち込まなきゃダメだよ。(by 斎藤一人)

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

強みを使って自分の土俵で勝負することが、とても大事ですよ、と。

自分の強みは何なのか?

それが活かせる分野で戦っているか?

それが活かせるビジネスモデルになっているか?

今一度、考えてみましょう。

応援してます!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー