名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/11/09

「考える」と「行動する」のスキマ

将来に不安を抱えている人は多い。

僕たちは目に見えないもの対して不安を抱く。はっきりしてしまえば、大したことではないと思えることでも、はっきりするまでは、不安に思ってあれこれと考え込んでしまう。

それが人間の習性なのかもしれません。

自分で考えて行動する人は、不安を持つ。

他人に頼ってばかりいる人は、不満を持つ。

自分で考えて行動する人は、チャレンジしている人。チャレンジする時、先は見えない。だから不安に思う。

一方、他人に頼り他人のせいにしている人は、チャレンジしていない人。だから不安は無いかわりに、不満ばかり持っている。

不安、万歳。不満よ、さようなら。

不安な人は、チャレンジしている人だ、と思う。

不安を解消する方法はただ一つ。考えすぎず、なるべく早く行動すること。行動すれば何かが見える。見えてこれば不安は和らぎます。

「考える」ことと「行動する」ことのあいだに、あまり距離を置くべきではない。恐怖や不安といった否定的な感情はこのすきまに繁殖するのである。
(by 植西聰・心理カウンセラー)

よし、明日も行動あるのみ。
頑張りましょう!

応援してます!!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー