名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2017/10/09

人間の器を大きくする方法ってあるんですか?

 

器を大きくする方法?

 

 

学習塾を経営する、僕より20歳くらい年上の女性から、「豊田さん、人間の器を大きくするためにはどうすればいいですか?」と質問され、困ったことがあります。

 

 

「器を大きくする方法だって?僕も小さいしな・・・。」

 

 

そもそも、こうすれば器が大きくなる、という方法ってあるのでしょうか?例えば、修羅場をたくさんくぐるとか?巨額の借金を背負うとか?リストラや倒産を体験するとか?

 

 

「苦労は買ってでもしろ」と言われますが、こういうのはできれば避けたいですね。

 

 

 

負けた相手から学べ

 

 

最近読んだ本には、「人間の器を大きくするためには、自分が『負けた』と思った相手から学ぶことだ」と書いてありました。

 

 

自分よりも圧倒的にすごい人から学ぶのは抵抗ありませんよね。例えば、松下幸之助氏や本田宗一郎氏から学ぶことに抵抗がある人は少ないでしょう。(よほど偏屈な人でない限り)

 

 

しかし、自分と似た業種や近い年齢や環境の人に「負けた」と思ったとき、素直にその人から学ぶことができるか。

 

 

その相手が自分と近ければ近い人ほど、プライドが邪魔して、悔しさのあまりその人のアラ探しばかりしてしまう。

 

 

そういう人、ちょくちょく見かけます。

 

 

 

認めたくない人を認める

 

 

他人を認めることで、自分の器が少し大きくなる。

 

 

負けた相手とか、嫌いな人とか、自分が認めたくない人にあえて接近して、その人の良さを見つけ出し、そこから学ぶ。

 

 

僕の友人は、嫌いな芸能人がテレビに出てくると、積極的にその人を見るのだ、といいます。

 

 

 

なぜ私はこの人が嫌いなんだろう?どこが嫌なんだろうと問うことで、自分の感情の傾向が分かるからだそうです。

 

 

 

自分が認めたくない人からも素直に学ぶ。それを続けると器が少し大きくなるかもしれない、と思います。

 

 

 

自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

自分の器は大きいか小さいか。負けた相手や嫌いな相手から、素直に学ぶ謙虚さがあるか。

 

 

これは簡単ではない。そう思う人は(僕も含めてね)自分の殻に閉じこもっているのかも。もしかしたら、その殻が「器」の正体なのかもしれません。

 

 

他人を認めることは、自分を知ることでもあります。

 

 

 

自分のことを客観的に見れていて、足りないものが分かっていれば、素直に他人から学ぶことができる。

 

 

 

自分の殻に閉じこもって、自分が見えていないと、過信し、常に人を批判し、人を下に見る、嫌な人になってしまう。そういう人の「器」は小さい。

 

 

 

器の大きな人になるために、殻を破れるか。

 

 

僕も挑戦。あなたもぜひ。

 

 

応援しています。

 

(メルマガ「愛される会社の法則第624号より)

 

——【セミナーのお知らせ】———————————–

 

 

11月14日にセミナーを行います。テーマは「あなたのコンサル化」です。

(内容)

モノを売ろうとする姿勢だけが強いと、かえって全く売れないという事態に陥ります。

そうではなく、小さな会社は、顧客が抱えている困りごとやニーズを把握し、その解決をサポートするという姿勢がとても重要です。信頼できる「コンサルタント」となり、顧客の問題解決のために、自分の専門知識と人間性をフル投入していく、というセルフイメージを持つのです。

今回のセミナーは、小さい会社が「コンサルタント」として顧客をサポートするためのスキルや考え方を分かりやすく解説し、すぐに実行に移せるようなアイデアを提供いたします。

【日時】 :2017年11月14日(火) 19時~20時45分(18時半受付開始)

【場所】 :ウインクあいち 904 名古屋市中村区名駅4-4-38

【料金】 :5000円(税込み)レイマッククラブ会員は2000円

※友割あり(ペアで参加されますと、各お客様1000円オフ。但し初参加の方のみ

【定員】 :30名

【懇親会】:あります。予算別途3000円くらいです。

お申込みは→こちらから

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

有限会社インスタイル代表、川端康人さん

【経営コラム】

「感情を揺さぶる文章を書く」

【書籍紹介】

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』 山口周 著

>> Raymac pressバックナンバー