名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2017/03/27

小さなものでも、無いと困る。

こんにちは。

 

 

愛知県名古屋市の経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田礼人(とよたあやと)です。

 

 

先日お客さまと飲んでて。

 

 

掘りごたつの居酒屋で、脱いだコートを横に置いてたんですよ。

 

 

で、お客さまがトイレに行ったときかなんかに、僕のコートを踏んじゃって、運悪くボタンが割れちゃったんです。

 

 

あー、割れちゃいましたねー。いいですいいです。あー、でもボタンって割れるんですねー。

 

 

次の日、そのコートを買った店(百貨店内)に行ったんですけど、その店には同じボタンのストックが無いっていう。

 

 

じゃあ取り寄せてくださいということになり、1個100円です、と。また取りに来るのも面倒なので、自宅に送ってください、と。はいかしこまりましたでは送料300円です。100円のもの買うのに送料300円かーと思いましたが、まあしょうがない。

 

 

それで計400円払うと、少しお待ちくださいと行って、その店員さん、お金をもってどっかへ行っちゃうんです。前から思ってましたけど、百貨店って何で店にレジが無いんですかね?いちいち奥に持って行くんですよね、お金を。カードで払う時なんか、カードを持って行かれるのはちょっとヤなんですよね。スキミングとか心配じゃないですか。

 

 

で、5分くらい待たされるんですよ。何で400円のために5分も待たされなアカンのかなと思ったけども、これもまあしょうがない。でもやっぱ、レジは各店に置いたほうがいいと思う。こういうところから百貨店は変わっていこうよ。

 

 

で、その日は帰って、その後はボタンが一個ないまま誤魔化しながら着て待ってたけど、10日経っても届かない。すぐにでも届きますからと言ってたのになあ。痺れを切らして、またその店に行ったんです。でも店にもまだ届いていないと店員さん。

 

 

電話で本部に問い合わせてもらったけど、なかなか電話の向こうの本部の人が要領を得ず、どうなっているのか分からない。ひたすら待たされて。100円のボタンで大人たちがおおわらわなんですわ、僕も含めて(笑)。

 

 

で、見かねた別の店員さんが、「すいません。お待たせしまして。今、本部も人事異動の季節で、結構バタバタしているんです・・・」。この人、いつも親切で、この人からいつも買うんです、僕(笑)。電話問い合わせがなかなか終わらず待たされて暇なので店内をグルグル回って、靴下を買ってしまいました。「これ、新手の販売作戦じゃないだろうな・・」とか思いながら(笑)。

 

 

しかしうーむ、まあ仕方ないけど、ボタン1個無いだけで、コート、カッコ悪いしなあ。でも、電話終わらないから、じゃあ届いたらすぐに送ってくださいねと言ってその日は帰りました。

 

 

で、さらに3日待って、今日届いた。

 

 

ほ。

 

 

奥さんに着けてもらって、一件落着。

 

 

小さなものでも、100円のものでも、それが無いと困るものって、あるんですよね。お客さんは困っている。手際よく親切に助けてくれたら、ファンになる。逆はがっかりする。

 

 

という話でした。すみません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

豆粋(まめいき)代表 豆腐師 冨田英治さん

【経営コラム】

ブランドを育て、守る。

>> Raymac pressバックナンバー