名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2015/09/04

第542号【分かっていてくれる人】

==============================
■「いいな」と思う人の特長
==============================

 

自分がモノを買ったり、サービスを受けたとき、
そのときの店員さんや営業マンの中に、
「いいな」と思う人が、何人かいます。

 

 

いつも僕の髪を切ってくれる美容師の方もそんな一人です。

 

 

先日もその人のサービスを受けたのですが、
やはり「いいな」と思いました。

 

 

何がそう思わせるのか?

 

 

まず、技術が満足レベルを超えていることは大前提。
美容師さんであれば、
カットの技術がプロのレベルであることは重要。
その美容師さんは当然、技術的にとても上手なんです

 

 

専門技術に関しては、
とにかく、僕も含めて仕事人であれば全員、
仕事を辞めるその日まで、
毎日努力して高めていかなければならないことです。

 

==============================
■ちゃんと分かってくれている人
==============================

 

そしてお客様に「いいな」と思ってもらうために
必要なもう一つのこと。
それは「自分のことを分かっていてくれる」ことだ、
と思います。

 

 

例えば、
髪を切ってもらうシーンでいえば、

 

 

豊田さんは、
こういう顔(頭)の形だから、
こういう仕事をしているから、
こういう服を着ているから、
こういう雰囲気を持っているから、
今この季節だから、

 

 

「こういう髪型にした方がいいと思います」
と言ってくれるんですね。

 

 

こう言われると
自分のことを分かっていてくれているんだ、
とお客としては気持ちが満たされるのです。

 

 

美容師さん以外でも、
洋服屋さんの店員さん、
税理士の先生、
起業家の先輩など、

 

 

僕が個人的に信頼していて、
長期にわたってお付き合いさせて頂いている人はみな、
「あ、ちゃんと分かっていてくれている」
と思わせてくれる人たちです。

 

 

==============================
■渇きを潤して欲しい
==============================

 

つまり、どういうことか?

 

 

おそらく、
お客様との関係において、
「売る人と買う人」、
という関係ではなく、

 

 

「同じ方向を向いて、一緒に歩いてくれる人」
でいることが、
お客様にとってすごく嬉しいことなんですね。

 

 

自分のことを分かってくれて(共感してくれて)、
目標を共有してくれる人。

 

 

そういう人に僕たちは惹かれ、
信頼を置き、
またこの人から買いたいと思うのだと思います。

 

 

自分のことをちゃんと分かって欲しい!

 

 

この現代人の渇きともいえる欲求を潤してくれる人を
僕たちは求めているんですね。

 

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

僕はコンサルティングという仕事の性格上、
お客様の内情にかなり深く入り込みます。
そして、出来るだけ深く理解するように努めます。

 

 

さらに、
その経営者の目標は何なのかを理解し、
それを達成するためにすべきことを考え、
優先順位をつけ、
実行できるように支援します。

 

 

そして実行した結果をもとに、
次の展開について考え、
さらなる前進を促します。

 

 

たとえ分からないことがあっても、
判断に迷うことがあっても、
「一緒に考える」
「一緒に迷う」
というステップを踏むことがとても重要だと思っています。

 

 

コンサルに限らず、
どんな仕事、どんな商売でも、
相手のことを理解し、
目標を共有することなしに、
お客様の信頼を得ることは難しいと思います。

 

 

お客様の「渇き」を潤すこと。
その「渇き」とは、
「分かってあげること」に他なりません。

 

 

そこに意識を集中してみると、
きっと良い成果が生まれると思います。

 

 

応援しています。

 

==============================
■編集後記
==============================

昨日は名古屋のJRタカシマヤで開かれた
「楽天うまいもの大会」に行きました。
一番人気の「干しいも(おいもや)」は大行列。
他の店舗も楽天市場が誇る人気店ばかりで、
会場は主婦層を中心にごった返していましたよ。
すごいパワーで、僕も元気をもらいました。
たまにああいうところに行ってみるのもいいですね。
いろんな面で気づきもありました。またシェアしますね。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー