名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2015/06/19

第531号【判断基準を持っているか?】

==============================
■美容師さんの変化
==============================

1年以上産休・育休で休んでいた美容師さんが復帰し、
久しぶりに髪を切ってもらいました。

 

以前から信頼していた人で、
ブランクを感じさせず、
とても気持ちよく切ってもらいました。

 

彼女が言っていたことで印象的だったのが、

 

「休んでいるうちにいろいろと頭の中が整理できて、
仕事に迷いが無くなった」

 

ということ。

 

この人にはどんな髪型がいいのか、
どれくらいの長さがいいのか、
髪の色はどうか、
など、
お客様へのアドバイスや提案に迷いが無くなり、
ズバッと判断できるようになったのだそうです。

 

僕の髪を切っているときも、
以前にも増して、
テキパキと納得できるアドバイスをしてくれました。

 

==============================
■脳味噌を休める
==============================

 

仕事から離れて、
自分の脳みそを休めて、
改めて自分の仕事を見つめなおしてみると、

 

いろんなことが整理されて、
判断力が増すのかもしれません。

 

仕事に追い回されているときは、
目の前のことに意識が奪われて、
視野が狭くなる。

 

視野が狭いと判断が偏る。
そういうことってあるかもしれませんね。

 

==============================
■待ったなしの状況が自分を成長させる
==============================

 

あと、
この美容師さんのケースでは、
美容師の仕事が終わった後、
待ったなしで子育てが待っているという事情もありました。

 

さらに家事もこなさなければならない。

 

だから、どんどん決断していかないと
時間が足りなくなってしまう。

 

だからこそ仕事に集中でき、
そのことが判断力を高めているという面もあると思います。

 

人間、待ったなしの状況になると、
判断力が研ぎ澄まされるのかもしれません。

 

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

あなたは、迷いなく判断できているでしょうか?

 

判断に迷いが無いということは、
判断基準をしっかりと持っているということだと思います。

 

判断基準が無い時は、
その時々の状況や気分によって判断が左右されます。
つまり、ブレる。

 

だから判断基準が必要になる。

 

そこで自分自身の判断基準を明確にするために、
たまに脳味噌を休めて、
整理する時間というのが重要になる。

 

この時間を意識的に取ることで迷いを消し、
自分に自信をもたらす効果を享受するのです。

 

あなたの判断基準は明確か?

 

この週末、
ちょっと考えてみてくださいね。

 

応援してます!

 

=============================
■編集後記
==============================

クライアントの業績を上げるために、
何をどうすれば良いか。
それについてただひたすら考えています。
来週も頑張ります。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー