名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2015/03/13

第517号【危機感があなたを成長させる】

==============================

■仕事を楽しむ

==============================

 

「楽しみたいと思います」

 

 

スポーツ選手が試合に挑む時の気持ちを聞かれ、

こう答えるシーンをよく見かけます。

 

 

自分にプレッシャーをかけて、

眉間にしわを寄せて、

ガチガチになってやるよりも、

 

 

リラックスして、

楽しんでプレーすれば、

おのずと良い結果がついてくるでしょう。

 

 

そんな気持ちから、

「プレーを楽しむ」という言葉になるのだと思います。

 

 

別に失敗したところで死ぬわけじゃないから、

難しく考えず、

気楽に行こうよ、

と自分に言い聞かせ、

ストレスをコントロールしているのだと思います。

 

==============================

■危機感が原動力になる

==============================

 

ビジネスの世界でも、

楽しんで仕事をやることが大切だ、

ということはよく言われます。

 

 

夢を持って、目標を目指して、

ワクワクしながら仕事をした方が、

絶対にうまくいくから、と。

 

 

この意見には僕も大賛成です。

 

 

しかし。

 

 

最近、楽しむのは楽しむでも、

「危機感を感じながら、楽しむ」

ということが重要なのではないか、

と思うようになりました。

 

 

今、変化していかなければまずい、

今日、頑張らなければ明日は無い、

だから、1歩でも2歩でも前に進む。

これがビジネスを前に進めるための強い原動力になるのです。

 

 

危機感がなく、

ただただ楽しくやる、というのは、

ストレスが無い代わりに、

なかなか成果は出にくいのではないか。

 

 

最近、強くそう思います。

 

==============================

■危機感が行動を促す

==============================

 

僕が起業した時、

「仕事が獲れなければ、生活が維持できない」

という強い危機感がありました。

 

 

生活が維持できなければ、事業をたたむしかない。

せっかく起業したのに、それは絶対に避けたい。

仕事が獲れなくてお金が入ってこない時は、

背筋が凍るような危機感が僕を襲いました。

 

 

好きな仕事をやっているわけですから、確かに楽しい。

誰に命令されなくとも、積極的に行動する。

 

 

しかし、ゼロから事業を立ち上げた時の怒涛の行動力は、

危機感無くしてはありえなかった、とも思います。

やらなければ、僕は市場から排除されてしまう。

そんな危機感が僕を行動へと駆り立てました。

 

 

人間は喜びや快楽を追い求めるパワーよりも、

「まず危機を回避したい」というパワーの方が強いと言います。

 

 

この特性をうまく利用することが、

成長への近道だと思います。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

あなたは、危機感を持って仕事をしていますか?

 

 

危機感を持つということは、

ものごとを悲観的に考えるということではありません。

 

 

危機感は、自分を奮い立たせる道具です。

 

 

行動を止めていると、成長も止まる。

それは困る。

だから、危機感を持って、動く。

 

 

危機感と上手く付き合うことで、

自分が磨かれ、

成長できる。

 

 

こんな言葉がありました。

 

 

穏やかな環境では、質の良い材木は育たない。

風が強ければ強いほど、材木は強くなる。

(J・ウィラード・マリオット)

 

 

危機感が僕たちを強くする。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー