名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2015/02/13

第513号【コア・コンピタンス経営とは】

==============================

■AJドリームクリエイト

==============================

 

以前、レイマックプレスでインタビューをさせて頂いた、

AJドリームクリエイト(旧社名味和居ダイニング)の蓮川社長が

名古屋のテレビ番組で大特集されていました。

 

 

蓮川社長は、

実家が居酒屋をされていて、

自らも居酒屋で起業した、名古屋発の起業家です。

 

 

蓮川社長が起業して数年たったとき、

ある遊休地を活用しないか、という依頼が舞い込んだそうです。

 

 

考えた末、期間限定でホルモン専門店をオープンしたところ、

これが大ヒット。

このホルモン業態で多店舗化し、成功の階段を駆け上がりました。

 

 

ホルモン店以外にも、肉料理をメインにしたバルや、

炭火焼肉の店も展開しています。

 

 

最近は、

昔から名古屋で親しまれた「味噌トンちゃん」を

戦略商品として押し出し、注目されています。

番組内では「味噌トンちゃん」を大手スーパーと

共同開発して販売する取り組みも紹介されていました。

 

 

僕がインタビューした時におっしゃていたことを

どんどん実現されていることに驚き、

そしてとても嬉しく思いました。

 

==============================

■「肉のことなら任せて」がコア・コンピタンス

==============================

 

番組内で蓮川社長は、

今日の躍進について、

「コア・コンピタンス経営によるものだ」、

とおっしゃっていました。

 

 

コア・コンピタンスとは、

会社の核となる強みのことです。

 

 

蓮川社長のAJドリームクリエイトのコア・コンピタンスは、

肉に関する調達ルート、加工技術、調理方法など、

あらゆることに高いノウハウを持っていること。

 

 

新しい店舗業態を開発するに当たっては、

このコア・コンピタンスから絶対に外れないことを念頭に置くそうです。

 

 

競争が激しく、市場も縮小傾向にある外食業界で、

次々と成果を出している背景には、

「強みを活かす」という基本に忠実な経営スタンスがあったのだと思います。

 

==============================

■あなたのコア・コンピタンスは何か?

==============================

 

本業の業績が落ちてきて、

新規事業を模索するとき、

 

「自社のコア・コンピタンスを活かせるか?」

 

という問いかけは非常に重要です。

 

 

本業に手詰まり感があり、

まったく新しいことをやりたくなる心理は理解できますが、

自分たちにとって新しくても、

その分野には先行者が存在します。

 

 

自分たちのコア・コンピタンスを活かすことなく、

そういう競合者と戦うのはかなり危険な賭けになります。

 

 

自社のコア・コンピタンスは何か?

それを活かせる事業は何か?

どの市場をターゲットに設定すべきか?

 

 

あるいは、今始めようとしている事業は、

コア・コンピタンスを活かせるか?

 

 

これらを一度棚卸ししてみることが重要です。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

僕は経営コンサルタント業で起業したわけですが、

起業当時、

自分のコア・コンピタンスをほとんど活かすことなく

事業を始めてしまいました。

 

 

だから、最初は仕事が取れず、苦労しました。

 

 

途中から、自分が印刷会社出身であり、

印刷会社やデザイン会社の仕事については良く分かる、

ということを再認識し、

これをコア・コンピタンスとして事業展開しました。

 

 

これで事業が軌道に乗り、

コンサルティング実績を積み重ねることができ、

印刷会社以外のクライアントも獲得できるようになりました。

 

 

コア・コンピタンスを活かして、専門化すること。

 

 

それによって実績を積み上げ、

その実績を土台にして、次の展開を図ること。

 

 

このステップが重要です。

 

 

さて、あなたのコア・コンピタンスは何ですか?

 

 

それを活かした仕事をしていますか?

 

 

一度、考えてみてくださいね。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー