名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2015/02/06

第512号【山は動いている】

==============================

■教えながら、学ぶ

==============================

 

時々、セミナー講師をやります。

 

 

先日も、

ヒューマンアカデミーでマーケティングの講座を

やらせて頂きました。

 

 

講師としての僕は、

受講生の人たちに僕が知っていることを教えます。

受講生の皆様はそれを聞き、学びます。

 

 

しかし、同時に、僕は受講生から学ぶこともあります。

それは、僕が知らない彼らの体験を通して得た事実だったり、

あるいは彼らがあるモノ(あるいはコト)に対して抱いている

感情だったりします。

 

 

これらはすごく貴重な情報で、

それを教えてもらうことは、僕自身、非常に勉強になります。

 

 

また、講義を聞いている受講生の反応を見ることで、

僕自身は講師としてうまく伝えられているかどうかが分かります。

いい話ができていれば彼らの目が輝くし、

つまらない話をすればうつむきます。

講師のスキルアップのヒントを、受講生が教えてくれるのです。

 

講師は教えながら様々なことを学ぶ。

一方で受講生は学びながら、たくさんのことを講師に教えてくれるのです。

 

 

==============================

■親は子から学ぶ

==============================

 

親は子供にいろいろと教えますが、

それと同じくらい、あるいはそれ以上に、

親は子供から学びます。

 

 

僕も子供から人間の本質みたいなもの、

素の人間がどのように考え、行動するのか、

ということをたくさん学んでいます。

 

 

また、子供を通して世の中をみるという形で視野が広がり、

子供関連のいろいろな情報をキャッチできるようになりました。

 

 

コーネル大学のゲイリー・エバンス教授という偉い先生は

学生に向かってこう言ったそうです。

 

 

「私は君たちが知らないことをたくさん知っている。

 

だから、この講義を通じていろいろ教えたい。

 

そして、君たちは私の知らないことを知っている。

 

それをぜひ、私に教えて欲しい。」

 

==============================

■山は動かない?いや、動いている

==============================

 

先生は、

教える立場でありながら、同時に学ぶ立場でもある。

生徒はその逆。

 

 

親と子の関係も、同じく。

 

 

このように、

一人の人には、同時に別の立場があります。

 

 

ひとつのものには、必ず2つの顔、2つの面がある、

と言い換えることもできるでしょう。

 

 

例えば、

山は動かない、と僕たちは思っている。

 

 

確かに。山は通常、動かないものとして見られている。

 

 

しかし、山の中に入ってみると、山は動いていることに気づく。

 

 

木々はざわめき、

川は激しく流れ、

動物たちがうごめいている。

厳しい自然が我々に襲い掛かってきます。

 

 

山は動いていないとも言えるし

動いているともいえる。

見方を変えると、違う一面が見えてくる。

 

 

ひとつの面だけでものや事象を捉えていると、

考えが浅く、視野が狭くなり、

短絡的な判断をしてしまうことになります。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

僕たちは、ものや人を多面的にとらえられているでしょうか?

 

 

短絡的にとらえてしまい、損をしていることはないでしょうか?

 

 

世の中のものすべてに、2つ以上の面やとらえ方がある。

これを常に意識することで、

考え方が深まり、視野が広くなります。

 

 

会社という存在も、

社長から見たとき、

社員から見たとき、

顧客から見たとき、

取引業者から見たときでは、

見え方やとらえ方が違います。

 

 

どれも正しい。

 

 

大切なのは、

どれくらい他の目に立って考えられるかです。

多面的な考え方ができるかどうか、です。

 

 

深く考えられる人は、

多面的に考えられる人だ、と僕は思う。

 

 

簡単ではないけど、意識してやってみると、

随分と視野が広がると思います。

 

 

ぜひ、やってみてください。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー