名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/12/19

第505号【次のステージに行こう】

==============================

■寂しそうな経営者

==============================

 

昨日、ある飲食店チェーンの経営者と社内の問題点について、

打ち合わせをしていました。

 

 

目下の悩みは、若い社員やバイトスタッフの低いモチベーション。

今ひとつ元気がないし、上昇志向に乏しい。

 

 

自分が起業した当時は、

集まった仲間と将来の夢を語り合い、

「こんな店にしようぜ」と盛り上がった。

 

 

今日はいくら売上げがあったのかを、

バイトスタッフまでもが気にかけ、

どうすれば売上げが伸びるかを全員で話し合った。

 

 

売上げを達成すれば全員で喜び、

祝杯をあげてがんばりをねぎらいあった・・・。

 

 

しかし、今はそういう雰囲気ではなくなってしまい、

会社全体に閉塞感が漂っている。

 

 

そう寂しそうに言うのです。

 

==============================

■ステージが変わった

==============================

 

おそらく、

会社のステージが1つ上がったのでしょう。

 

 

創業期は経営者自身も若く、勢いがあった。

その勢いというかオーラに引き寄せられるように、

情熱を持った人たち集ったのだと思います。

 

 

だから、みなが同じ目標に向かって、

頑張ることができた。

モチベーションが高い状態がデフォルト(標準)になっていたのです。

 

 

そんな創業期を経て、

店舗数も増え、社員もバイトスタッフも増え、

会社は安定走行できるステージに入った。

 

 

業績的には安定してきたものの、

経営者の勢いやオーラも徐々に薄まり、

それにつれて集まる社員やバイトスタッフも「普通の人」が多くなってきた。

 

 

その人たちの低いテンションが、

会社全体に停滞した空気を蔓延させ、

それが経営者に不満を抱かせているのです。

 

 

==============================

■次のステージに進むために

==============================

 

やる気の無い人はやめてもらっていい。

 

 

これが経営者の本音かもしれません。

しかし、人材不足の現在、代わりに

優秀な人材が入ってくる可能性はとても低い。

だから、そんなことは言えません。

口をつぐんで、イライラを腹の中に溜め込んでいる。

 

 

でも、

過去の良かった時代を思い出して、

「昔は良かった。今はダメ」

と嘆いてみてもしょうがない。イライラしても始まらない。

会社のステージが代わったのです。

 

 

やるべきことは、

さらに次のステージに上がるために、

行動を起こすこと。

それは、人材が成長していく組織作りに着手する、

ということです。

 

 

採用基準のルール化、

教育プログラムの導入、

経営者の定期的な個人面談、

マニュアルの整備、

コーチング手法の導入、

目標管理制制度の整備・・などなど。

 

 

勢いとかノリでモチベーションを上げるのではなく、

組織として、仕組みとして、

その場の人がやる気とやりがいを持って働けるようにセットする。

 

 

経営者の個人商店から、

組織で経営していくカンパニーへと脱皮していくことが、

次のステージに上がれる重要なポイントになるのです。

 

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

皆さんは、今、どのステージに立っているのでしょうか?

 

 

スタートアップのステージか、

成長期のステージか、

あるいは安定しているステージか、

はたまた停滞しているステージか。

 

 

昔と同じようにやっているつもりでも、

時代が代わり、

環境が代わり、

お客様が代わり、

自分は年齢を重ねている。

 

昔のような結果は出ない。

昔は嬉しかったことが、

今は当たり前のこととして、

流してしまっている。

 

 

最近、今ひとつ上手くいっていないとしたら、

そのせいかもしれません。

 

 

今自分はどのステージに立っているのか?

 

 

次のステージに進むために、

何を始め、

何をやめるのか。

 

 

考えてみてください。

 

 

そろそろ、次のステージに行こう。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー