名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/12/12

第504号【お客様について語れ】

==============================

■お米をネットで驚異的に売る人

==============================

 

先日、お米のネット販売で市場を席巻する、

あだちネット美米屋(うまいや)の足立和重さんにお会いしてきました。

 

 

足立さんは、愛知県の岡崎市で祖父の時代から営業する

お米屋さんの3代目です。

 

 

お米屋を継いだとき、

客数は減少傾向にあり、

かつ、

店には莫大な借金があったそうです。

 

 

右も左も分からない中、店に入った足立さんは、

ただ「なんとかしなくては」という思いだけは持ち続け、

色んな取り組みを重ねてこられました。

 

 

紆余曲折の中、行き着いたのが、

「お米をネットで売る」というビジネス。

これによって

売上げを急激に伸ばすことに成功しました。

 

 

現在、ネット上で最もお米を売るショップの一つとして、

知る人ぞ知る存在になっています。

 

==============================

■お客様を語れ

==============================

 

足立さんがネットに踏み出す前、

地元でのお客様を増やすために、

毎月ニューズレターを発行していたそうです。

 

 

そのニューズレターに何を書いていたか。

 

 

「お客様について書いていた」そうです。

 

 

モノ(米)ではなく、お客様について。

 

 

このお米は、こんな風に作り、こんな風に美味しいです、

ということではなく(もちろんこれも必要ですが)、

 

 

こういうお客様が、

こんな風にうちのお米を買ってくれている、

こんな風に喜んでくれている、

こんな言葉をかけてくれた、

 

ということを書くのだそうです。

 

 

そうすると読んだ人は、

「このお米屋さんで買うと、こんな風にしてくれるんだ」

ということが見え、自分が買った場合のことを頭の中で描きます。

イメージが具体的に頭の中にワッと広がるんですね。

 

 

足立さんはこれを実践してお客の心をつかみ、

ネット販売につながる礎を築いていきました。

 

 

==============================

■読者が引き付けられる理由

==============================

 

店舗向けのコンサルティングで有名な、

ワクワク系マーケティングの小阪裕司先生も、

お客様について語ることの大切さを説いていらっしゃいます。

 

 

小阪先生が毎週日経MJで連載している人気コラムでは、

主に店舗ビジネスでの成功方法について、

事例を交えて解説してくれます。

 

 

その文章に僕を含めて、多くの読者が引き付けられるのは、

いつも小阪先生が店主について書いているからだと思います。

 

 

商売の成功法則などを押し付けるのではなく、

 

店主がどんな人で、

どんなことを、

どんなお客様に実施し、

どんなことを話し、

その結果どうなったか、

について語っているのです。

 

 

これを読むと、

店主とその顧客のやり取りが具体的にイメージでき、

自分の商売のヒントとして多くの気づきが得られます。

 

 

小阪先生は自分の顧客である店主について語ることで、

多くの読者を引き付け、

同時に自分の将来の顧客をも引き付けているのだと思います。

 

 

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

皆さんは、

ホームページ、

SNS、

チラシ、

会社案内、

名刺など、

 

プロモーションツールを作るとき、あるいは書くとき、

そこに何を書いているでしょうか?

 

 

もちろん、

自社商品・自社サービス・自社店舗・工場のことを、

たくさん書いてあることでしょう。

 

 

では、お客様のことは?

 

 

自社とお客様とのつながりやストーリーは?

 

 

お客様が発した言葉は?

 

 

これらのことを書くと、

お客様の反応が変わります。

あ、自分に関係あることなんだ、

とイメージを膨らませてくれます。

 

 

そして、自分もこのようにされたい、

こういう風にお客と接している会社から買いたい、

と思うようになります。

 

 

毎日のお客様とのやりとりを、

うれしかったことを、

喜んでくれたことを、

少しずつ書き留めて、

発信してみてください。

 

 

絶対、何かが変わります。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー