名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/10/17

第496号【手放すと、入ってくる】

==============================

■手放した

==============================

 

先日、以前から今一つ自分の中でしっくりいってなかった仕事を

手放すことにしました。

 

 

ちょっとしたしがらみがあったので、

なんとか続けて良い成果が生まれるように努力していましたが、

やはりどうにもうまくいかない。

 

 

自分の中でコミットし切れていない仕事なので、

あまり力も入らない。

でも時間は費やさねばならない。

 

 

そもそもそんな気持ちで取り組んでいるので、

成果が出るはずもない。

 

 

それで、その案件からは降りることにしたのです。

 

==============================

■手放すと、入ってくる

==============================

 

とはいえ、

数カ月の間取り組んで来たことなので、愛着もあるし、

降りるとなると、やはり寂しい。

 

 

でもまあ、しょうがないかと思っていると、

いきなり電話がなって、

知り合いから面白そうなお仕事のオファーがありました

 

 

ブランディング、マーケティングに関わる仕事で、

僕が最も興味があり、モチベーションが高まる仕事でもあります。

 

 

「もちろんやります!」と返事をしました。

手放してから、このオファーを頂くまで、

わずか数時間のことです。

 

 

古いものを手放すと、新しい何かが入って来る、

といいますが、これ、本当だと思います。

 

 

空白ができると、それを埋めようとする力が働くのです。

不思議ですが、こういうことが本当に起こるんですね。

 

==============================

■まず、捨てないと

==============================

 

何か新しいことを始める時、

まず何かを捨ててからでないと、うまくいかないことが多い。

 

 

ただでさえ忙しいのに、新しいことをやるために割く時間がない。

時間が無いから、続けられない。

続けないと成果が出ないから、おもしろくない。

おもしろくないから、ますますやらなくなる。

永久に成功はやってこない。

 

 

こうならないためにも、まず減らす、ということが重要です。

あるいは捨てる。

 

 

何かを得たいのであれば、代わりに何かを差し出し、

新しいものが入る余裕を作っておけ、

ということなんですね。

 

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではどうでしょうか?

 

みなさんは、これは自分らしくないと思いつつ、

なかなか捨てられず、

ズルズルと続けていることはありませんか?

 

 

新しいことを付加していくこと、

何かを増やしていくことは簡単なのですが、

逆に何かを辞めたり減らしたりすることは案外難しい。

 

 

新しい顧客を獲得する喜びと、

昔からの顧客を失う悲しみと、

どちらが大きいかと問えば、

多くの人が後者の方が大きいと答えます。

捨てるということは、

大なり小なり痛みを伴うことなのです。

 

 

しかし、捨てないと、前に進めないこともある。

捨てることによって、新しい何かが始まることもある。

 

 

今、捨てるべきものは何ですか?

 

 

思い切って捨ててみたら、

新しいものが入ってくるかもしれないですよ。

 

 

宇宙はそんなふうに出来ているのだ、と思います。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー