名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/08/01

第485号【売れる商品を作るには】

==============================

■うーん、という感じ

==============================

 

最近、

 

「こんな商品作ったんですけど、どこに売ればいいと思いますか?」

とか、

 

「絶対いい商品なので、買ってくれそうな会社を紹介してください」

 

という相談を立て続けに受けました。

 

 

現業がパッとしないので、

新商品で打破したい、

それで起死回生の一発でこの商品を作った、というわけです。

 

 

でも、どの商品も「うーん」という感じなんです。

 

==============================

■マーケットインが必要

==============================

 

 

自分たちがいいと思ったものを作る。

これは大事なことだと思います。

 

 

でも、買う人に対する調査と想像力が足りない。

誰が、いつ、どこで、誰と、どんな風に使うのか?

なぜ、それが必要なのか?

どんな問題を解決してくれる商品なのか?

これらがあまり深く考えられていない。

 

 

つまり、マーケット・インしてない。

 

 

プロダクト・アウト。

作り手が自分が作りたいものを作ってしまうエラー。

 

 

だから、「うーん」って、なっちゃうのです。

 

==============================

■不満を解決してくれれば、売れる

==============================

 

売れる商品の多くは、

誰かの不満や悩みを解決したい、

というところから商品開発が始まっています。

 

 

だから、出来上がった時、

「誰が買うの?」

という問題が、そもそも存在しない。

 

 

誰かの問題を解決し、喜ばすために、

アイデアが集められ、商品開発が進む。

 

 

出来上がれば、

その人に届けるために効果的なプロモーションを実施する。

それだけ。

 

 

買う人が想定されて作られた商品は、

戦略もスッキリし、やるべきことが明確になります。

 

一方で、

「誰か買ってくれる人を探して来て!」

 

 

と言わなければならない状況になった時点で、

その商品は失敗した、

と言うべきなのだと思います。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではどうでしょうか?

 

 

皆さんが売っている商品は、

誰のどんな問題を解決する商品ですか?

 

 

これが明確になっている商品は、

戦略も行動もすごくシンプルになります。

一貫性があり、意思決定も早くなる。

 

 

クライアントで、

「女性向け大きいサイズ専門アパレル会社」

がありますが、業績はすこぶる好調です。

 

 

ターゲットは「ぽっちゃりさん」だと明確に決まっていますので、

商品開発も、

プロモーションも、

すごくシンプルで、意思決定しやすい。

 

 

スタッフは、

ぽっちゃりさんを喜ばすために、

仕事をすすめれば間違いない。

 

 

作りたいものを作って成功できるのは、

スティーブ・ジョブズのような天才だけ。

 

 

僕たち凡人は、

ターゲットを明確にして、

その人を喜ばすことを必死に考えて、

初めて売れる商品が生み出せる。

 

 

まず、お客様は誰なのか?を考えよう。

 

 

そうすればとるべき戦略は見えてきます。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー