名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/07/04

第481号【自分をターゲットにする?】

==============================

■若い店長さん

==============================

 

先日、居酒屋の店長さんと経営方針について打合せをしました。

 

 

その居酒屋は若い人向けのお店。

最近、売上が伸び悩んでいて、

改善策についての打合せでした。

 

 

その店長さんが若い。

23歳。

 

 

僕より20歳以上若くて、

正直、何を考えているのか、

意思の疎通が難しい。

 

 

ああ、自分も年を取って、

このくらいの年齢の人が日々どんなことを考えているのか、

想像出来なくなってしまったな、とちょっと寂しくなりました。

 

==============================

■お客様の気持ち理解できる

==============================

 

ただ客層が若いので、

お客様との関係づくりでは、この店長の若さが優位に働くはず。

 

 

(僕も含めて)オジサンとの会話は苦手かもしれないけど、

同年代の若者との会話は問題ないはず。

 

 

若いからダメ、ということなんてない。

要はお客様にとって良いか、悪いかだけ。

お客様が若いなら、店長も若い方が色々な面で役立つ。

 

 

年が近いから、

お客様の気持ちが分かる。

お客様の興味を持つことが分かる。

 

 

これは、マーケティング上、

とても重要なことです。

==============================

■ペルソナ

==============================

 

ペルソナ分析というマーケティング手法があります。

 

 

ターゲットとする顧客像を具体的にし、

その人を喜ばせるために、

商品・サービス、プロモーション方法、チャネル、価格などを

組み立てていく方法です。

 

 

ターゲットの気持ちをできるだけ忠実にイメージ出来れば、

マーケティング戦略の成果は上がる。

 

 

有名な話ですが、

フランフランのペルソナは、

「都会で一人暮らしをする25歳のOL、A子さん」。

 

 

このA子さんを喜ばせるために、

マーケティング・マーチャンダイジングを組み立て、

それによって店の統一感と魅力を醸し出すことに成功し、

フランフランは全国区になりました。

 

 

じつは、そのマーケティングやマーチャンダイジングを担当していた人たちが、

まさにA子さんそのものだったとか。

 

 

だからA子さんの気持ちや欲しいものがすごくよく分かる。

 

 

顧客像と自分が近ければ、

顧客を喜ばせるための施策の精度は上がります。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではどうでしょうか?

 

 

皆さんは、自分の顧客の気持ちや求めているものが分かりますか?

 

 

想像できますか?

 

 

顧客像と自分が近ければ、精度は増します。

自分が欲しいものを作って提供すれば、顧客が喜びますから。

 

 

自分とターゲットが遠ければ、

ターゲットに近い人に戦略チームに入ってもらうことも検討して欲しい。

 

 

いかに顧客の心の中を正確に読み取れるか。

 

 

それによって業績は大きく変わります。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー