名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/03/21

第466号【チェックが大切】

==============================

■繁盛店プロジェクト

==============================

 

愛知県の春日井商工会議所で、

「繁盛店プロジェクト」なるものに絡んでいます。

 

 

これは、春日井市内のとある5店舗に対して、

1年間に渡って僕がコンサルティングをする、

というプロジェクトです。

 

 

これが結構楽しくて、学びが満載で、面白いのです。

 

 

特に今年は参加した店舗がやる気のある経営者ぞろいでした。

この3月で今年度は終了となるのですが、

成果もたくさん出て、本当に充実した1年間になりました。

 

 

来年度もやるので、今からとても楽しみにしています。

 

==============================

■夫婦ミーティングが習慣化

==============================

 

このプロジェクトに参加したあるケーキ屋さんは、

ご夫婦で経営しているお店。

 

 

旦那さんがパティシエで、奥さんは販売担当。

 

 

1年間、月に1回訪問し、

商品について、

陳列について、

看板について、

キャンペーンについて、

接客について、

今後の計画について、

などなど、

ご夫婦とディスカッションしながら、

色んなことに取り組みました。

 

 

その結果、前年よりも業績アップを達成!(数値は秘密)

すごく嬉しく思います。

 

 

これに加えて

僕が何よりうれしかったのは、

これからも夫婦で月一回、

ミーティングを行うことを継続してくれる、ということ。

 

 

夫婦で経営しているお店や会社って、

意外とミーティングしてないんです。

仕事中はそれぞれ忙しいし、

自宅で仕事の話はしたくない。

 

 

だから、ミーティングを定期化し、

常に経営について話し合える癖づけが出来たのが、

何よりの収穫。

 

 

ミーティングは、自宅でもなく、お店でもなく、

ホテルのラウンジやカフェなど、場所を変えながら

行うそうです。

 

 

楽しそうで、ホント、良かった、と思っています。

 

==============================

■客数が増え始めた

==============================

 

同じくプロジェクトに参加してくれた別のお店。

 

 

こちらも、

若社長がとても熱心に取り組んでくれました。

 

 

このプロジェクトでは

PDCAを管理するシートを使うのですが、

その社長は他のどの店舗よりもびっしりとシートに書き込み、

着実に行動してくれました。

 

 

業績的にはまだまだこれからですが、

 

 

「このプロジェクトに参加していなかったら、

どうなっていたことやら」

 

と社長がおっしゃるくらい、

業績にもインパクトを与えられたようです。

 

 

また、別の中華料理店では、

このプロジェクトに参加したことで、

客数が着実に増えていきました。

 

 

中国人夫婦で頑張っているお店ですが、

当初はお客さんが来なくて、

自信を無くし、

半ばあきらめの雰囲気が漂っていました。

 

 

でも味は美味しかったので、

販促の方法や

セットメニューの変更などを工夫すれば、

絶対にもっと上手くいくはずだと思っていました。

これらに地道に取り組んだことで、

少しずつ成果として現れてきました。

 

 

増え始めた客数を見て奥さんは、

「あきらめずに頑張って本当に良かった」

と言って、自信を取り戻しつつあります。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではどうでしょうか?

 

 

今回のプロジェクトで感じたことは、

PDCAのCの大切さです。

 

 

つまり、行動したかどうか、その結果はどうだったか

をきちんとチェックすることの大切さです。

 

 

今回のプロジェクトでは、

僕が定期訪問することで、

確実にチェック機能が働きました。

それが、行動を促し、

業績にインパクトを与えることを、

皆さんに実感して頂くことができました。

 

 

さて、あなたは?

 

 

あなたの計画と行動を、

定期的にチェックする仕組みはありますか?

チェックする人はいますか?

 

 

それが無ければ、

計画は計画のまま放置され、

行動しても行動しっぱなしで、振り返りもなし・・

となってしまいます。

 

 

チェックする仕組みを作りましょう。

チェックする人を自分以外に設定しましょう。

 

 

それが結果に変化をもたらします。

 

 

応援しています。

 

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー