名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2014/03/14

第465号【マーケティングという投資活動】

==============================

■儲かる話はどこに?

==============================

 

事業は続く。

ずーっと続く。

 

 

だから、一時的に儲かるよりも、

長期に渡って、安定的に収益を得られることの方が、

何倍も重要。

 

 

そんなこと、みんな分かっています。

 

 

しかし、儲かっていない期間が長くなってくると、

何でもいいから儲かる方法や儲かる話に飛びつきたくなります。

 

 

そこで経営がブレてしまって、

 

今まで支えてくれた大切なお客様を失ってしまい、

さらに儲からなくなってしまう会社、

 

 

結構多いんです。

 

 

==============================

■欲深く、弱い僕たち

==============================

 

ちまたには、「すぐに儲かる系」の話が溢れています。

 

 

特にネット上には、そういう類のもののオンパレード。

 

 

毎日のように、「楽して簡単に儲かる」というネタのスパムメールが

山ほど届きます。

 

 

昨今は各地でいろいろなセミナーが開催されていますが、

客が入っているのは、「すぐに儲かる系」のセミナーです。

 

 

そんなうまい話があるはずない、と疑いつつも、

つい反応してしまう、欲深いもう一人の自分がいることも事実です。

 

 

人間は、弱い。

 

==============================

■マーケティングという投資活動

==============================

 

マーケティングは短期的な販売活動ではなく、長期的な投資活動だ、

と言ったのは、マーケティングの権威、コトラー博士です。

 

 

コツコツと積み重ねることで、

顧客の心の中に少しずつ入り込む。

 

 

顧客と丁寧な対話を繰り返すことで、

少しずつ信頼を得ていく。

 

 

長期的に、ブレない姿勢を貫くことで存在感を高め、

いつも同じ姿勢でそこにいることが安心感につながる。

 

 

こういうことは、短期的には成し得ない。

物理的な時間が絶対に必要になります。

つけ焼刃のテクニックでどうにかなるものでもない。

 

 

本気の人が、本気でやる時に、

マーケティングは初めて効き出すのです。

 

==============================

■自分レベルの視点で

==============================

 

自分レベルではどうでしょうか?

 

 

短期的に結果が出ることに手を出すか?

あるいは、何もしないか?

 

 

私たちは、この2択で生きている。

 

 

長期的にコツコツと地道なことに投資する、

という第3の選択肢は、意外と採用されていない。

 

 

なぜなら、やったところで、すぐに成果がみえないから。

だから、やり始めてもすぐにやめる。

 

 

あるいは、やろうと思っていても、結局、やらない。

 

 

時の流れはめちゃくちゃ早い。

3月ももう折り返し地点です。

 

 

このまま無為に1年を過ごしてしまう前に、

マーケティングに、少しずつ投資をしてみるのはどうか。

 

 

1年間我慢して、

とにかくやってみる。

 

 

投資は必ずしも金銭でなくてもいい。

時間と労力という投資方法でもいいのです。

 

 

本気でやれば、マーケティングは裏切らない。

 

 

投資には、必ず何らかのリターンがある。

 

 

応援しています。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー