名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2013/05/31

第424号【離れすぎ注意】

◎今週のメルマガ 【離れすぎ注意】

==============================
■社員と離れている経営者は要注意
==============================

経営者が社員と離れていると、
社員は強い不満を持つようになります。

その状態が続くと修復不可能なくらいに冷え切った関係になってしまいます。
こういうケースに最近よく遭遇します。

関係が冷え切ってしまうと、
さらにコミュニケーションの頻度が減り、
お互い顔を合わすのさえ嫌になってしまう。

そうなると会社の空気は最悪。
その最悪な空気はお客様に伝わり、客が離れ、
業績は下降の一途、というシナリオをたどることになります。

==============================
■自己重要感をくじいていないか
==============================

この「離れている」というのは、
例えば本社と工場が地理的に離れている場合などはもちろん、
経営者がいつも外出中で会社にいないという意味で
離れている場合もあります。

社員に任せているのだ、
と言えば聞こえは良いですが、
単に放ったらかしにしているだけ、ということも少なくありません。

放ったらかしにされていると感じた社員は、
自己重要感がくじかれるため、
とてつもなく大きな不満、あるいは怒りを持つことになります。

こういう状況で、
時々現れる経営者が命令口調で何かを指示しようものなら、
社員はさらにさらに大きな不満を持ち、
経営者との関係はどうしようもないくらい悪化します。

==============================
■敵対する社員を認められるか
==============================

業績が悪化すると経営者は焦ります。

その原因は社員にあると考え、社員を叱ったり批判したりし始めます。

しかし業績悪化の真因は、
社員の自己重要感を満たさなかったために、
社員の不満を蓄積させ、
モチベーションを急激に下げてしまった可能性はないでしょうか。

そのことを外部から指摘されても、
理解して行動を変えられる経営者は少なく、
赤字を垂れ流し続けてしまいます。

利益を出さないことには会社は存続できないので、
利益を出すために感情的なしこりは捨て、
経営者が社員に歩み寄り、
話を聞き、
認めて上げることを優先すべきだと思うのですが、
これをやれる経営者は少ない。

人間にとって、
自分と敵対している人と正面から向き合い、
さらにその人を認めるということは、
赤字を垂れ流し続けることよりも嫌なことなのかもしれません。

もう嫌で嫌でたまらない。
そんなことするくらいなら、会社をつぶした方がマシだ、と
(これはさすがに言いすぎかもしれませんが・・)

ホント、経営って難しいですね。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

さて、自分レベルではどうでしょうか?

僕は以前、ある顧客から認められていない、
と感じたことがありました。

その会社の経営者とは最低限のコミュニケーションはとっていましたが、
僕に対する関心や信頼は低く、
機械的に必要なことだけやらせよう、という姿勢が見て取れました。

そうなると、こちらの自己重要感は満たされず、
なかなかモチベーションを維持するのが困難になります。

これも、その経営者と心理的に離れたまま、
距離を詰められなかったことが原因だと思います。

こういう場合は、成果も出にくいため、
お互いのために関係を解消した方が良いのか。

あるいは自我を捨て、相手に歩み寄って距離を詰める努力をすべきか・・。

迷いますよね。

みなさんは、社員さんとの距離、
あるいはお客様との距離を近く保てているでしょうか。

一度振り返って考えてみてください。

応援しています。

==============================
■編集後記
==============================

来月6月25日(火)に「ストーリーで顧客を引き寄せる」セミナーを
名古屋で行います。事実やデータよりも、時にストーリーが人々
を動かすことがあります。
今回のセミナーではその詳しい内容について、じっくりお話したいと思います。
かなり仕事に役立つヒントがあると思いますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちらから→ http://raymac.jp/saishinbenkyokai

※	愛される会社プロジェクトの会報誌、レイマックプレスの無料
お試し購読ができます。毎月、さまざまな業種の経営者の起業体験を
読むことで、経営脳を育てることができます。是非一度お試しくだ
さいませ。→ http://www.raymac.jp/lp

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー