名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2013/03/15

第413号【脳に質問を投げ込んでおく】

◎今週のメルマガ 【脳に質問を投げ込んでおく】

==============================
■数学の問題を脳に入れていた女子マネージャー
==============================

愛される会社プロジェクトの会報誌、『レイマックプレス』では、
毎月1人の経営者にたっぷり2時間インタビューし、4ページに
渡って掲載しています。

以前、このインタビューに登場して頂いたWEB制作会社、
アイプレスの野田亜友弓社長は、高校時代、
マネージャーがやりたくて野球部に入部したそうです。

入部して、実際にマネージャーをやり始めたところ、
人のお世話をするこの仕事に
自分が全く向いてないことに気付いたそうです。

でも何事も途中で放り出したくない野田さんは、
マネージャーを辞めるつもりはない。
そこで、
野球部の練習前に数学の問題を一問だけ頭の中に入れておき、
バッティングマシンにボールを入れながら、
頭の中でずーっと数学の問題を解いていたそうです。

傍目には一生懸命に仕事をしているように見えて、
実は頭の中は別のことを考えている・・。

一歩間違えばケガをしてしまいそうですが、
時間を有効に使いたいという思いが、
こういう行動に野田さんを導いたのでしょうね。

==============================
■脳は考え続ける
==============================

人間の脳って、
質問を入れておくと、四六時中ずーっと考え続けてくれて、
ある瞬間にその答をポン、と出してくれる、本当にすごいものだと思います。

レイマックプレスでインタビューした株式会社ティアの冨安社長も、
そんな脳の特性を活かして人生の舵取りをしてきた人です。

冨安社長は、幼稚園のころから両親やおばあちゃんから、

「人のために生きなさい。そういう仕事をみつけなさい」

と繰り返し繰り返し言われ、完全に脳に刷り込まれたそうです。
そしてそれを見つけるべく中学、高校と過ごすのですが、
そう簡単には見つからない。

そしてついに、大学入学直前の春休みに、その答が見つかります。
たまたま紹介された葬儀のアルバイトをしたときのことです。

遺族たちが涙ながらに葬儀社の担当者にお礼を言っている。
お金をもらいながら、お客様にすごく感謝されるこの仕事は、一体なんだ。

このシーンを見て、冨安社長は
これこそ自分が探していた「人のために生きる仕事」だ
と悟ったのだそうです。

そしてすぐに大学に走り、
まだ入学式もしていない大学を「退学」する手続きをし、
その葬儀社に入社したのです。

頭の中に質問が刷り込まれていたからこそ、
その仕事に出会った瞬間に「これこそ天職だ」と気付くことができたんですね。

※レイマックプレスの購読は http://www.raymac.jp/lp

==============================
■悩むのではなく考える、のだ
==============================

これまたレイマックプレスでインタビューした
「まいあめ工房」の中村社長の話。

父親が経営する菓子問屋に入社したものの、
少子化に伴い菓子マーケットは縮小傾向で、業績も厳しかったそうです。

でも、そんな状況下でも、
「何とか勝ち残る方法があるはずだ、それは何か?」
という質問を脳にインプットし、ひたすら考え続けたそうです。

中村社長はこのときのことについて、

「悩んでいたわけではなく、考えていたのです。」

と表現していました。

考え続ければ、必ず答えは出るはずだ、と。

そしてついに、オーダーメードの企業販促用のあめをネット経由で
受注し、高利益率で販売する、
「まいあめ工房」というビジネスモデルの構築に成功しました。

今や、テレビ・新聞などのマスコミからも注目され、
順調に業績を伸ばしている注目企業へと育っているのです。

※レイマックプレスの購読は http://www.raymac.jp/lp

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょうか?

僕は、考えないといけないことがたくさんあって、
頭の中がごちゃごちゃしているときは、
夜、ひとりでウォーキングをしに行きます。
家の周辺をグルグルと40分くらい歩き回ります。

歩いていると、不思議なことに自然に頭の中が整理され、
やるべきことの優先順位が明確に見えてくるんですね。

これも脳に、

「今、優先してやるべき重要なことは何か?」

という質問を投げ入れているからこそ、実現していることです。

自分の中で答を出さなくてはいけない問題が出てきたときは、
それを質問形式にして脳にインプットしておく。

そうすると、
脳は僕たちが遊んでいるときや寝ている時にも働き続けてくれて、
ある瞬間に答をポンと出してくれるのです。

どんなに忙しくても、質問を脳に入れておくことで、
非常に重要なヒントが得られる可能性が高まります。

忙しい人ほど、このやり方から得られる恩恵は大きいと思います。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

応援しています!

==============================
■編集後記
==============================

クライアントであり、愛される会社プロジェクトの会員であり、
新しい友人でもある経営者が、事業拡大のために東京に引っ越すことになりました。
家族ごと引っ越す決意をしたことに、その意気込みの強さを感じます。
もうすぐ年度が変わり、春がやってきます。
自分の可能性を信じ、彼のように、果敢にチャレンジする春にしたい、
と思っています。

※	愛される会社プロジェクトの会報誌、レイマックプレスの無料
お試し購読ができます。毎月、さまざまな業種の経営者の起業体験を
読むことで、経営脳を育てることができます。是非一度お試しくだ
さいませ。→ http://www.raymac.jp/lp

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー