名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2012/12/28

第402号【褒めれば本当に伸びるのか?】

※愛される会社プロジェクトの会報誌、レイマックプレスの無料
お試し購読ができます。毎月、さまざまな業種の経営者の起業体験を
読むことで、経営脳を育てることができます。是非一度お試しくだ
さいませ。→ http://www.raymac.jp/lp

◎今週のメルマガ 【褒めれば本当に伸びるのか?】

==============================
■褒めて伸ばす
==============================

「褒めて伸ばす」人材育成方法が広がっているそうです。

「できなかった」はとがめずに「できた」を褒めれば、
従業員の士気が高まり、社内の雰囲気は良くなるのだそうです。

その雰囲気の良さが顧客に伝われば、
顧客の支持も得られるようになり、業績がアップする、ということです。

人間誰しも褒められれば嬉しいです。
怒られるよりも褒められたいと思っています。

この人間の根源的な欲求を満たして業績アップにつなげよう、
というのが「褒める人材育成」推進派の主張です。

==============================
■「褒めて伸ばす」は簡単ではない
==============================

僕も褒めて伸ばす人材育成には大賛成です。
そもそも自分も怒られるのは嫌だし、褒められれば単純に嬉しいです。
だから、どんどん褒めて欲しい!と思っています。(褒められると伸びるタイプなので笑)

しかし、コンサルの現場で経営者から聞こえてくる生の声は、
「人材に関わる問題はそれほど単純ではない」ということです。

多くの経営者を悩ませているのは、褒めるぐらいではビクともせず、
経営者や会社に対して恐ろしく反抗的で、恐ろしくやる気が低く、
すべての責任を自分以外の誰かに求めるような社員です。

こういう問題社員をどう扱うか。どう意識改革するか。
やる気を高め、すべては自分の責任だと思ってもらえることはできるのか。
経営者は深く悩んでいます。

真剣に経営している経営者ほど、
「褒めて伸ばすというのは、ちょっとキレイごと過ぎるのではないか?」
と感じています。

==============================
■褒めるぐらいではどうにもならない
==============================

コンサルの現場でも「褒めるぐらいではどうにもならない」
と感じざるを得ない経営者に出会います。

僕は、コンサルティングをしながらも、時にはコーチ的な役割も担います。
クライアントの経営者が行動したことを大いに褒めます。
それによっていい気分になってもらい、さらなる行動を促すのです。

コンサルタントなんて、クライアントに行動してもらってナンボです。
クライアントの行動を褒めて、
やる気を出してもらうことが非常に重要になります。
だからもう、ガンガン褒めますよ、僕は。

でも、この方法が全く通用しない経営者もいることも事実です。
ちょっとやそっと褒めたくらいでは、全然効かない人。

そういう人は、こちらの言うことを素直に聞きません。
自分のやり方に固執し、他人の意見に常に批判的です。

そもそも「他人と議論して最善策を導き出そう」という姿勢を持っていません。
何と言うか、最初から心がすごく冷え切っているんですね。

こういう人は褒めても、何をしてもビクともしません。

こういう人のやる気を出させるのは、本当に難しいと感じています。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょうか?

自分の心を堅く閉ざしているのに、いきなり褒められても、
簡単にやる気を出せるものではありません。
これは自分に置き換えて考えてみれば分かると思います。

下手をすると、
コーチングのテクニックを使って自分を操ろうとしているんだな、
と勘ぐられてしまうかもしれません。

では、こういう堅く心を閉ざしてしまっている、
反抗的な社員をどう扱えば良いのでしょうか。辞めさせればいいのでしょうか。

辞めてもらえば、それで解決することもあるでしょうが、
人員不足の中小企業では、
なかなか辞めさせられないというケースも多いはず。

切り捨てるのではなく、なんとか、その社員に変わってもらいたい、
と願う経営者は多いのです。

そういう場合は、褒める前に、
まず、その社員の存在や考え方を「認める」ということが必要です。

会社や経営者、もしかしたら、
「権威」全般に対する反発を昔から持っている人なのかもしれません。

とにかく、その反発している気持ちを、まず分かってあげるという
ところから出発するのです。気持ちに寄り添い、認め、
理解してあげることが必要です。

貴重な人的資源を有効に使いたい、安易にクビを切りたくない、
と考えるのであれば、その人に寄り添わなくてはなりません。
それによって、反抗心を生んでいる根本的理由を突き止めるのです。

経営者としてそこまで踏み込んで社員に向き合うか。

それとも面倒くさいから、クビにしてしまうか。

あなたなら、どうしますか?

==============================
■編集後記
==============================

今年もいよいよ暮れますね。今年も1年間、このメルマガにお付き
合い頂き、ありがとうございます。来年も引き続き、ご愛顧頂けれ
ば、とても嬉しく思います。2013年もよろしくお願いします!

※	愛される会社プロジェクトの会報誌、レイマックプレスの無料
お試し購読ができます。毎月、さまざまな業種の経営者の起業体験を
読むことで、経営脳を育てることができます。是非一度お試しくだ
さいませ。→ http://www.raymac.jp/lp

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

有限会社ソラリア 代表取締役 田中伸太郎さん

【経営コラム】

「無いものねだりの悲劇」

【書籍紹介】

『情報を吐き出せ』成毛眞 著

>> Raymac pressバックナンバー