名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2012/11/23

第397号【ストーリーを面白くするためには?】

◎今週のメルマガ 【ストーリーを面白くするためには?】

==============================
■だまされたと思ったけど、夫を支える妻
==============================

愛される会社プロジェクトの会報誌「レイマックプレス」の最新号をリリースしました。
今回で通算51号です。

今号の経営者インタビューは
インテリアショップを愛知県内に4店舗展開する株式会社良間の伊藤隆一社長。

このインタビュー記事が読者の方にすごく好評でした。
伊藤社長本人にもすごく喜んでもれらえました。
がんばって書いたかいがありますね。

驚いたのが、フェイスブックでこの伊藤社長の記事を紹介したところ
今までにない強い反響を頂いたことです。

そのときの紹介文がコレです。

「28歳で結婚し、29歳で大手家具メーカーを退職。
修行のためフランフランで時給700円でアルバイト。
妻は「だまされた」と言いつつも、パートを3つ掛け持ちして家計を支えた。
苦難を乗り越え、今や愛知県内にインテリアショップを4店展開する伊藤隆一社長。
そのストーリーを掲載したレイマックプレス第51号が完成しました!」

==============================
■みんな「男女のゴタゴタ」好き
==============================

おそらく、伊藤社長の奥さんの部分に、多くの人が反応したのではないかと思います。

大手企業のサラリーマンと結婚して、安定した生活が送れると思っていたのに
いきなり起業すると言い出した夫。「だまされた!」と言いつつも
パートを3つも掛け持ちして支えた妻。

ストーリーの中の、男と女の関係性。
これが入ってくるとそのストーリーが俄然面白くなります。

全米で250万部を超えるベストセラーになり、日本でも売れた「ザ・ゴール」。
この本のテーマは「工場の生産性をいかに高めるか」という堅い内容なんですが
主人公と妻との別れる、別れないという「男女のゴタゴタ」も織り込まれています。

これがストーリーをグンと面白くしているんです。
このゴタゴタが無かったとしたらここまで売れたかな?
と思うぐらい、ストーリーに深みを持たせているんですね。

500ページを超える分厚い本ですが、ストーリーの面白さに引き込まれて
一気に読みきってしまったことを思い出します。

==============================
■男女間のことは、共感されやすい
==============================

なぜ、恋愛や結婚(あるいは離婚)などの男女のストーリーが
人々を引き付けるのでしょうか?

おそらく、男女の関係性というのは
人類(あるいは動物)がこの世の中に生まれた当初から存在したもので
我々のDNAの中に深く深く刻み込まれているからなのでしょう。

だからこそ、誰しもが共通して興味を持つし、共感できるのだと思います。

マーケティングのグル、ジェイ・エイブラハムはこう言います。

「共感はあらゆるビジネスの基礎だ。」

仕事やお金のことって、人類史上でもかなり後に出てきた事柄です。
だから、頭で一生懸命考えないと分からない。
でも男女のことは、もっと直球で、心にズバッと入ってきます。

だから、「共感」に結びつきやすいのだと思います。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

さて、自分レベルではどうでしょうか?

僕のストーリーにも、妻が登場します。
http://www.raymac.jp/why

これを読んだ多くの人に、

「豊田さんの奥さん、すごいですね。感動しました!」

と言われます。僕自身のことより、妻のことに皆さん反応するんですね。
これは、当初意外に感じました。

でも、いろんなストーリーを読んだり聞いたりするうちに
男女間のゴタゴタがストーリーを一層強いものにするんだな
ということが分かってきました。

元アップルCEOのジョブズのスタンフォード大でも有名なスピーチでも
奥さんとのことが出てきます。

それはジョブズがアップルをクビになるという人生最悪の時期のことを振り返り
「あれは良い出来事だった」と言う部分。

ジョブズはその時期に「将来私の妻となる素晴らしい女性と恋に落ちた」といいます。
だから、アップルをクビになったことは、良いことだったのだと捉えているのです。

日本人の経営者で、こういうこと言う人っていませんよね。

でも、僕はこの部分がすごく好きです。

なぜなら、そこにジョブズのすごく人間っぽくで温かい横顔が見えるからです。
ここに共感が生まれるんですね。

あなたのストーリーに恋人や異性のパートナーのことを加えて発信してみてください。
今までとはちょっと違った反応が得られるはずです。

だまされたと思って、やってみて。

応援しています。

==============================
■編集後記
==============================

今日から3連休という方も多いのでしょうね。僕は今日は仕事をし
ています。そろそろ今年の最後の追い込みと、来年のことをアレコレ
考え始めようと思います。今年もあと1ヶ月と少し。風邪引かないよ
うに頑張りましょうね!

【セミナーのお知らせ】
愛される会社プロジェクトのセミナーも23回目
となりました!今までにのべ約500人の方に参加して頂いております。

相手の自発性を引き出し成果に導くコミュニケーションとして
コーチングにスポットをあて、セミナーを開催します。

このコーチングスキルを正しく理解することで、組織のモチベーションアップや
顧客満足度のアップを図ることができます。今回のセミナーを機に、是非コーチングの
基礎的な考え方を理解して頂ければ、大変嬉しく思います。

(セミナーのポイント)
1.コーチングはクライアントを楽しませることが大切!
2.双方向の対話が相手を行動に導く!
3.自己開示で相手との距離を縮める!
4.具体的な質問が相手を具体的に動かす!
5.フィードバックで現状を正しく理解してもらう。改善行動はそれから!

【この勉強会にはこんな人に参加して欲しい!】
1.コーチングの基礎を学びたい人
2.社員とのしらけた関係に悩む人
3.顧客とより深い関係作りをしたい人
4.事業成長のヒント・アイデアを得たい人
5.とにかく学び、成長したい人

※今回はコーチングの基礎についてのセミナーですので、
コーチングを既に学ばれたことがある方や上級レベルの
内容を求めている方は対象外となりますのでご注意ください。

このセミナーについて、

派手さはなく、「アットホームで落ち着いて聴けるセミナーですね」
とよく言われます。大きな声で煽るようなこともしませんので、安
心して経営やマーケティングの勉強をしてもらうことができると思います。

どんな参加者が多いかというと、経営者、個人事業主、マーケティング
担当者などです。みなさん、どちらかというと落ち着いた雰囲気の方が
多く、静かな闘志を燃やしながら、事業を着実にステップアップさせて
いる方々です。いつも暖かい励ましの声を頂いています。

参加者には毎回5段階評価でアンケートを頂くのですが、いつも高評価を
頂いております。前回は参加者全員が最高評価の「とても面白かった」を
つけてくれました。
→その時の参加者の声
http://ameblo.jp/raymac/entry-11342482905.html

日時:2012年10月24日(水) 19時~20時45分
会場:ウインクあいち 1004会議室
    名古屋市中村区名駅4-4-38
参加費:3000円 愛P会員は割引または無料
定員:30名

お申し込みはこちらから↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P28515823

または、このメールに返信頂いてもOKです!

※※【友割サービス】
お友達をお誘いの上参加して頂きますと、本人様・お友達様ともに1000円
割引致します。それ以降1人追加ごとに本人様はさらに1000円割引します。
尚、このサービスが適用できるのは、
1.本人様とお友達様双方とも初参加の場合、
2.お友達様が初参加の場合
に限らせて頂いています。

追伸
懇親会もありますので、ゆっくりお話できれば
嬉しく思います。

■レイマック公式サイト http://www.raymac.jp
■フェイスブック→ http://on.fb.me/pMFkGN
■愛される会社プロジェクト会員募集中 http://raymac.jp/aip
■ブログ「正しく愛される経営術」 http://ameblo.jp/raymac/
■印刷会社向け専門メルマガ http://www.mag2.com/m/0001107465.html
ayato skypeS

登録は簡単&無料です。解約も私に知らせることなく出来ます。

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー