名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2012/02/24

第358号【フロー状態が高い成果を生み出す】

◎今週のメルマガ 【フロー状態が高い成果を生み出す】

==============================
■92%の方が面白かった!と評価してくれました
==============================

一昨日は愛される会社プロジェクトの18回目の勉強会でした。テ
ーマは「リーダーシップとモチベーション」。

皆さん、関心が高い内容だったのか、勉強会中はとってもポジティ
ブなエネルギーをビンビン感じました。

終了後のアンケートでは、約92%の方が「とても面白かった!」と評
価してくれて、コメントにも嬉しい言葉ならびました。

この数字は、18回やってきた勉強会の歴史でもおそらく一番高い
のではないかというくらいの好評価です。

本当にありがとうございました。

==============================
■フロー状態が高い成果を生み出す
==============================

アンケート結果を見ると、皆さん「フロー状態」についての話につ
いての関心が高かったようです。

フロー状態とは、仕事に完全に没頭していて、時間が経つのを忘れ
るくらい集中している状態のことです。スポーツ選手などが使う
「ゾーンに入る」と同じ意味です。その時、その選手は高い集中力
を発揮し、高い成果を上げるといわれています。

ビジネスの世界においても、このフロー状態に自分をもっていくこ
とで集中力を高め、素晴らしい成果を得ることができるはずです。

この話をしたところ、多くの参加者の方が共感してくれたんですね。

==============================
■フロー状態の入り方
==============================

このフロー状態は、ダニエルピンク氏が書いた「モチベーション3.0」
という本の中で紹介されています。

フロー状態においては、人はその瞬間をきわめて深く生きており、
完全に思いのままになると感じ、時間や場所、自分自身さえ存在
を忘れるような感覚抱く、とダニエル氏はいいます。

その状態では、1.目標がはっきりしており、2.自律的であり、3.熟達
の道をしっかりと歩んでいる、という3点が条件になります。この
3点を満たしていると、フロー状態に入りやすい。

このフロー状態に入った経験は誰しもがあると思います。その入っ
たきっかけや、理由を思い出してみてください。上記の3点以外にも
人それぞれ、色々なきっかけや理由があるはずです。それを再現する
ことができれば、いつでもフロー状態に入れる可能性が高まります。

また、フロー状態に入っている部下や同僚を見つけたら、「なぜ今、
それほど集中して仕事ができたのか?」を質問し、認識させること
でフロー状態の入り方が分かるかもしれません。

そこに、モチベーションを高めるヒントがあると思うのです。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょうか?

僕の場合、フロー状態に入ったときが、直近で2例ありました。

ひとつは、レイマックプレスという会報誌を編集しているときで、
ひとつは勉強会の資料をパワーポイントで作っているときです。

このときはいずれもかなり高い集中力を発揮して、時間も忘れて
打ち込んでしまいました。そして自画自賛になりますが、とても
良いものが出来上がりました。

一つ目のポイントを分析してみると、会報誌を作るために必要な
コンテンツや写真、その他の材料が全て段取りよく揃っていて、
「あとは作るだけ」という状態になっていたことが浮かびます。

二つ目は、勉強会の参加者がどんな人かを想像し、その人たちに
学びや気づきを与えるためにはどういう内容にすればいいのか、
ということに頭を働かせていたことです。

つまり、段取りが整えられゴールまで邪魔するものが無かったこと
と、顧客の顔が明確になっていたこと。

この2点により、フロー状態に入れたのです。

皆さんも、自分がフロー状態に入ったときのことを思い出してくだ
さい。あるいは今フロー状態に入っていると感じたとき、なぜそう
なったのかを分析してみてください。

モチベーションを高め、生産性を高め、素晴らしい成果を出すため
のヒントがみつかるはずです。

==============================
■編集後記
==============================

愛される会社プロジェクトの勉強会も18回目が終わりました。隔
月で開催しているので、丸3年が過ぎたということです。これまで
多くの方に参加していただき、少しずつですが成長してこれたと思
います。これからも30回、50回を目指して頑張っていきますので、
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

フェイスブック→ http://on.fb.me/pMFkGN

愛される会社プロジェクト→ http://raymac.jp/aip

(第358号終わり)

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー