名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2012/01/27

第354号【もう無いのか?まだあるのか?】

◎今週のメルマガ 【もう無いのか?まだあるのか?】

==============================
■とらえ方の癖
==============================

コップに水が半分入っているとき、あなたはそれをどう考えるか。

もう半分しかない、と考えるのか、まだ半分あると考えるのか。

同じものを見ていても、とらえ方によって、その後の思考や行動に
大きな違いが出るんですよ、という話です。

もう半分しかないと捉えれば悲観的になり、やばいやばい早くしな
くちゃと焦る。

まだ半分あると捉えれば前向きになり、まだまだ行けると攻めの姿
勢をとることができる。

そのとらえ方の違いは癖みたいなもので、知らず知らずのうちに
身に着けてしまっていたり、生まれつきの性格に引っ張られている
だけで、実はさして根拠の無いものだったりするのではないでしょ
うか。

==============================
■日本は若者が少ない国なのか?
==============================

日本は近い将来、極度な少子高齢化社会に突入し、若者がどんどん
減っていくらしい。

そうなれば経済は縮小し、景気はますます悪くなる。こんな日本で
は将来が描けないと海外に逃げ出すか、あきらめて寝たふりを決め
こむか。

ちょっと待って。そんなに悲観的にならず、とらえ方を変えてみたら
どうなる?

現在の日本の15歳以下の人口は1800万人。これは多いのか少ないのか。

例えば、豊かで非常にクリエイティブな国として知られているスウェ
ーデン、デンマークの総人口が、それぞれ930万人、550万人。という
ことは、日本の中学生以下だけで、この2つの国の合計よりも多い。
つまり、若者の絶対的な数は、決して少なくない。むしろ多いのだと
考えてよい。

とらえ方を変えてみると、それくらい日本は若い国。

僕たちは、「子供が少ない、これからどんどん減っていくから大変だ」
と悲観的なとらえ方を知らない間に身に着けていますが、とらえ方を変
えれば、1800万人もの子供がいる、大きなマーケットを抱える国だと
大きな希望を持つことだってできるのです。

(参考:「2022-これから10年、活躍できる人の条件」神田昌典著)

==============================
■自分の資産
==============================

何かに失敗したり、誰かに裏切られたとき、僕たちは落ち込んで、

「もうだめだ、私にはできない。私にはもう何もない」

と悲観にくれてしまうことがあります。

このとき、「自分にはもう何もない」と考えれば、落ち込む一方。
しかし、「仕事には失敗したけれど、自分にはまだまだ誇れるもの
がたくさんある」と考えることができれば、前に進める。

自分には愛する家族がある。励ましてくれる友達もいる。育てて
くれた親もいる。

つまり、無くなったものを嘆くのではなく、今ある資産に目を向け、
その価値を改めて認識し直すことで、エネルギーが自然と湧き出て
くるのです。

このエネルギーを生むために、自分が持っている資産を正しく認識
することは大切です。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょうか?

自分の資産は何か。棚卸ししてみれば、実はたくさんあるはずです。

それは金銭的なことだけではありません。

家族、友人、住んでいる家、地域の仲間、読んできた本、大切な
趣味、そして、日本人であること・・・。

自分を支え、形作ってくれているもの全てが、他に変えることの出
来ない大切な資産です。

それがあるから、何回失敗しても、何回負けても、立ち上がれる。

自分を無力に感じたとき、自分の資産に目を向けてみよう。
まだあるコップの中の水に目をむけてみよう。

そうすることで、立ち上がるためのエネルギーが得られるのだ、と
思います。

==============================
■編集後記
==============================

昨日は名古屋も雪がちらつきました。日本各地でもたくさん雪が
降っているようですね。少しの雪は風情がありますが、降りすぎる
と災害が心配になります。春が待ち遠しいですね。

2月22日に「リーダーシップとモチベーション」をテーマに勉強会
を開催します。モノが売れない時代、いかに組織力をアップさせて
顧客とのリレーション(関係性)を構築するかが問われます。そこ
で必要になるのが組織を勇気付けるリーダーシップとリスクを恐れ
ずチャレンジする気持ちの醸成。その方法について豊田が分かりや
すく解説いたします。
詳細は→ http://raymac.jp/saishinbenkyokai

フェイスブック→ http://on.fb.me/pMFkGN

愛される会社プロジェクト→ http://raymac.jp/aip

(第354号終わり)

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー