名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2011/01/21

第301号【時間管理は自分を知ることから】

2月23日の愛される会社プロジェクト勉強会は、早川周作氏との
合同セミナーという形で行ないます。早川氏は、本田健氏やさわが
み投信の澤上篤人氏などの著名人と講演会をコラボするなど、全国
的に知名度の高いコンサルタントです。今回は「“物語でライバルと
差別化する&夢実現」というテーマで行ないます。とても面白い内
容ですので、是非ご参加ください。
詳細は→ http://www.raymac.jp/pdf/seminar1102.pdf

※アメブロ始めています。読者登録お願いします♪
http://ameblo.jp/raymac/

(連続301週間、無休で発行しています。今年の冬は寒い!!)

◎今週のメルマガ 【時間管理は自分を知ることから】

==============================
■時間管理は難しい
==============================

新年が明けて、皆さん新しい手帳を使い始めているところだと思い
ます。

新しい手帳を持つと、今年こそは時間管理をしっかりやって、効率
よく仕事ができるようにしよう、と決意する人も多いのではないで
しょうか。

僕もそういう中の一人ですが、時間管理というのはなかなか思った
通りにはいかないやっかいなものです。

以前、タイムマネジメントのセミナーを受けたことがありますが、
そのセミナー自体が終了予定時刻より1時間近くオーバーしてしま
う、という笑えない事態に陥りました。(その場では笑うしかあり
ませんでしたが)

それくらい時間管理というのは難しいものなんですね。

==============================
■やる気がなければ始まらない
==============================

スケジュールをしっかり立てていても、その通りにはいかないこと
の方が断然多い。

その原因は、手帳やスケジュール管理ツールの使い方にあるのでは
なく、感情の起伏を管理できない、という所にあるのだと思いま
す。人間は機械ではないので、感情に行動が左右されてしまいます。

例えば、客先で叱られ、気分が落込んで、あるタスクをやるべき時
間になったのに、全くやる気が起きない、などというケース。

また、ライバルが大活躍する様子を目の当たりにし、自分のふがい
なさが身に沁みて、仕事へのモチベーションが下がっている、とい
うケース。

やる気が起きなければ、どんな時間管理手法もツールも役に立ちま
せん。

==============================
■自分を責めるのは、楽なこと?
==============================

仕事でミスをして、自分を責めるのは、ある意味とても楽なことだ、
と菅原裕子氏は言っています。(氏は子育てにおいてのミスを言っ
ていますが、仕事上でも同じだと思い、紹介しました)

ミスしたことを悔いて、罪悪感にひたり、自分を責めている間、あ
なたは行動を起こさずにすみます。もっと賢いビジネスマンになる
ための努力をしなくてすむのです。

他人と自分を比べて、そのギャップに愕然とし、自分の実力の無さ
を嘆いている間、あなたは行動しなくてすみます。

その間、時間はビュンビュンと過ぎていきます。

落込んでしまうのは人間だから、しょうがない。大切なのは、その
落込みから素早く立ち直る方法を身につけることです。そのアイド
ルタイムを短くすることが、スケジュール通りに仕事を進ませる
ためには重要です。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルで、どう解決するか?

僕は落込んでしまったとき、まず、自分が持っている資産について
考えます。

それは金銭的な資産ではなく、家族や友人、仕事上の実績や褒めら
れた経験というような「何事にも替えられない、自分だけのかけが
えの無い資産」について、です。これらについて考えることで、自
分は価値のある人間なんだということを思い出すのです。

少し元気になったところで、次に今自分がやれることを何個かリス
トアップし、すぐにやれることからその場で実行に移します。その
場で実行、というのがポイントです。

行動することで止まっていた思考も動き出すので、割と早い時間
で平静を取り戻すことができます。

落込んで嘆いている時間が、僕らが本来やるべき時間を食いつぶ
します。この時間は何も生み出さないばかりか、自分を否定する
感情をどんどん育ててしまいます。

自分なりの感情のリカバリー方法を考えておき、その場になった
らすぐに対処することで、時間のムダ使いが無くなります。

自分を知り、感情の起伏を管理することが時間管理の第一歩なの
だ、と最近強く思うのです。

==============================
■編集後記
==============================
孫正義さんの物語、「志高く」(井上篤夫著)を読んでいます。学生
のころの孫さんはかなり変で、かなり熱くて、かなり面白い人です。
天才ってこういう人のことをいうのだな、と思いつつも、その努力
の仕方も半端じゃないから驚きます。努力できる天才、とでも言う
べきか。日本が誇る偉大な経営者であることは間違いありません。

愛される会社プロジェクト→ http://raymac.jp/aip

(第301号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー