名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2010/12/03

第294号【リアルで会って、おもてなし】

年の瀬も迫った12月21日にセミナーを行ないます。今年最後の
セミナーです。忘年会も同時開催します。25名限定ですので、お早
目にお申込みください。年内に一度お会いしましょう♪
詳細はこちらから→ http://www.raymac.jp/saishinbenkyokai

※アメブロ始めています。読者登録お願いします♪
http://ameblo.jp/raymac/

(連続294週間、無休で発行しています。いよいよ12月です!)

◎今週のメルマガ 【リアルで会って、おもてなし】
==============================
■予期しない出会いが面白い
==============================

タワーレコードの入店客数が2010年9月以降伸びているそうです。

CDのネット通販や音楽配信が拡大する中での客数増加。その理由
は、HMVなどの競合他店が店舗閉鎖しているためだとか。残存者
利益をしっかりと享受しているわけです。

しかし、それを差し引いても、今後もリアルのCD販売店の生きる
道はある、とタワーの高木社長は語ります。

検索性や利便性ではアマゾンなどのネット通販業者には勝てない。

しかし店舗の持つライブ感、予期しない商品との出会いなどの体験を
重視した演出を強化することで、まだまだ顧客を満足させることは
できるはず、と強調するのです。

==============================
■ヴィレヴァンっぽい本って、確かにある
==============================

本屋も同じ理由で、ライブ感や予期しない商品との出会いを演出し
ていく必要があります。

遊べる本屋として有名なヴィレッジヴァンガードは、その陳列の
独自性でライブ感満載ですし、置いてある本は「ヴィレヴァンっぽい」
というくくりで統一感があります。

ヴィレヴァンに行く人の多くは、目的を持っていないでしょう。おそ
らく、「何か面白いものないかな」と店に入っていくのだと思います。

そこで、予期しない面白い商品に出会う。新しい商品を体験する。

そのライブ感が楽しくて、人が集るのですね。業績は相変わらず好調
のようです。リアル店舗は、こうあるべきだと思います。

==============================
■おもてなし、のこころ
==============================

リアル店舗の良さは他にもあります。それは、人とのふれあいです。

日本の店舗のサービスレベルは、海外とは比べ物にならないほど高
いと言われています。心の琴線に触れるような繊細で気持ちのいい
サービスが出来るのが日本流です。

つまり、「おもてなし」のこころ、です。

最近は先端技術力だけでなく、日本人の「おもてなし」サービスこ
そ海外での競争力の源泉になる、と注目されています。サービス業
のみならず製造業も人を介したサービスを強化する動きがあるよう
です。

リアル店舗は日本人の持つこの強みを最大限に使うことで、ネット
ショップと差別化していくことが重要です。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルでも、リアルのライブ感は重要です。

ネットばかりやっていると、無性にリアルで人に会いたくなります。

リアルで会わなければ分からないことってたくさんあります。同じ
内容の言葉でも、メールで読むのと、顔を見ながら聞くのとでは随
分と違うものです。

デジタルが重要になればなるほど、アナログも重要になる。

リアルで会って、おもてなし。

そこには予期せぬ出会いや気づきが生まれるはず。

日本人の良さは、会わなきゃ分からない。
久しぶりにタワーレコードに行ってみようかな

新たな出会いがあるかもしれません。

==============================
■編集後記
==============================

そろそろ年賀状の準備をしなくてはいけません。家の近くに「年賀
状のフタバ」のビルがあるのですが、この時期は夜遅くまで電気が
ついています。季節の風物詩ですね。

(第294号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー