名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2010/04/09

第260号【聞きたいことしか聞きたくない】

一昨日の夜、友人4人と韓国料理屋で飲んでいたら、酔っ払いの
オジサンと仲良くなりまして。そのオジサン、結構大きな会社の社長
さんで、4人の飲み代を奢ってもらっちゃいました。その後、中華
料理屋に移動して、そこでもご馳走になり、最後には、贈答用の
箱詰めイチゴ(たぶん2000円くらいすると思う)、ギョーザ2人
前、にんにくチャーハン、の3点をお土産として全員に持たせてく
れるのです。結局夜中の2時近くまで飲んで、その酔っ払い社長は
タクシーで消えました。何ともミラクルな夜でした♪

(連続260週間、無休で発行しています。ギョーザ美味しかった!)

◎経理代行+財務アドバイスパック
http://raymac.jp/keiridaikou
◎印刷会社向け業績アップハンドブック
http://raymac.jp/printing

==============================
■聞きたいことだけ知覚する
==============================

「コミュニケーションを成立させるものは受け手である。聞く者が
いなければ、コミュニケーションは成立しない。(そこには)意味
のない音波しかない。」

ドラッカーの言葉です。

口が達者な人を『コミュニケーション能力が高い』とミスジャッジ
することがあります。一方的に話すだけでは、コミュニケーション
とは言えないのに、です。

相手が自分の言うことをきちんと受け止めているかどうか。そこ
にコミュニケーションの本質があります。ということは、相手が
が何を求めているかを知ることはとても重要になります。

なぜなら、僕たちは、聞きたいと思っていることだけを知覚する
生き物だからです。相手が求めているものを知り、それに応える
かたちで話しかけなければ、コミュニケーションは成立しないの
ですね。

(参考:『マネジメント』P.F.ドラッカー著)

==============================
■知りたくない情報は、無いも同然
==============================

企業は、商品やサービスを売りたいと思い、広告で特長やベネフィ
ットを発信します。「これ、あなたにとってすごくいいですよ!」と。

しかし、買い手がその商品やサービスが提供するベネフィットを
全く期待していなかったら、全く伝わらないことになります。

その情報を知りたいと思っていないから、その情報は見えないし、
聞こえもしません。つまり、無いも同然の扱いをされてしまいま
す。

自分たちが一生懸命作った広告やコピーが、「無いもの」として
扱われているとしたら、ショックです。しかし、顧客が知りたい
と思うことを知らずして発信すれば、当然こうなってしまうので
す。

ですから、「顧客の声を聞こう」「顧客の気持ちになって行動しよう」
と叫ばれるわけです。さもなければ、あなたが発するメッセージは
誰にも知覚されず、闇に葬り去られる運命になります。

==============================
■分かりやすい言葉で
==============================

メッセージを顧客に届けるためには、顧客の言葉で語り掛ける必要
があります。

「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と、ソクラテスが言った
そうです。

当人にとっては普通の言葉でも、受け手がその言葉を知っている
かどうかは分かりません。

世の中、情報が溢れ返っています。ツイッターを見ていると改めて
そう思います。その氾濫する情報の中で、自分が発信したメッセー
ジをターゲットに届けるためには、瞬時に分かる言葉にしておく
必要があります。

「小学生でもわかるような言葉になっているか?」

情報の処理に疲れ果てている人に届けるためには、これくらいの
歩み寄りが必要だと言われています。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

さて、自分レベルではどうでしょう?

自分がしゃべる時、相手が聞きたいことをしゃべっているでしょう
か?

話し手がしゃべりたいことと、聞き手が聞きたいことがズレていた
ら、そこにコミュニケーションは存在しません。

ただ、声という音が鳴っているだけ。

あなたの部下は何を聞きたいのか?
あなたの上司は何を聞きたいのか?
顧客は?奥さんは?旦那さんは?恋人は?

子供は?

相手が何を聞きたがっているかを知ること。

そして、相手の言葉でしゃべること。

仕事上で、暮らしの中で、色々なシーンで求められることだと思い
ます。

==============================
■編集後記
==============================

来週の水曜日(14日)は名古屋で勉強会を開催します。今回は過去
最高の参加者が集まりそうな予感がします。あくまで予感ですが
タイミング合えば、遊びにきてください。↓
http://raymac.jp/saishinbenkyokai

(第260号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー