名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2010/03/12

第256号【専門家として情報発信する】

3月も半ばが過ぎようとしています。暖かかったり、寒かったり、
雪が降るところもあったりで、風邪など引きませんように、ですね。

(連続256週間、無休で発行しています。)

◎経理代行+財務アドバイスパック
http://raymac.jp/keiridaikou
◎印刷会社向け業績アップハンドブック
http://raymac.jp/printing

==============================
■予報ビジネスが盛り上がっている
==============================
日本人の3人に1人は花粉症だそうです。都道府県別に発症者の割
合を調べてみたところ、トップ3は静岡、群馬、山梨だったそうで
す。

この調査をしたのは、気象情報会社のウェザーニューズ社。同社は
桜の開花予想にも力を入れています。

日経新聞によると、桜の開花予想をする民間企業はウ社も含めて3社。

各社が競って桜前線を予想するのは、活況を呈し始めている予報ビ
ジネス市場での存在感を増すためだそうです。(2010年3月7日の
日経朝刊より)

桜の開花予想や花粉情報だけではビジネスにならない。目的は、
「技術の高さを外部に示し」て、顧客開拓を有利に展開すること
です。

天候で売れ行きが変わるコンビニの品揃え対策、風力発電所の立地
選定、太陽光発電に必要な日照時間の予測・・・。天気予報への
ニーズは色々とあるそうです。

予報ビジネスは今後ますます拡大していくと言われています。高い
技術力に裏付けられた良質な情報を提供することで、顧客を引き付
けようと、凌ぎを削っているわけです。

==============================
■技術力で情報発信
==============================

高い技術力をアピールすることで、顧客を引き寄せる。

例えば、ホンダの二足歩行ロボット『ASIMO』。昨年の年末に
首相官邸を訪れて、鳩山総理と絡んだことで話題になりました。

この『ASIMO』、ホンダの技術力の高さを証明するとともに、
未来に挑戦するホンダ・スピリッツを代弁する存在になっています。
これを見て僕たちは、「ホンダって、すごいな」と感じるわけです。

愛知県豊橋市にある樹研工業は、世界最小となる100万分の1g、
直径0.149mmの歯車を製作し、ギネスブックに載りました。

同社は大金を注ぎ込んで製作したのですがが、あまりの小ささに販
売実績はゼロ。それでも『世界最小』の技術力を内外にアピールす
ることになり、その広告効果からみれば投資額は完全にペイしたそ
うです。

高い技術力を駆使して作った「無駄なもの」が、会社の存在感を大
いに高める役割を果たしているのです。

==============================
■専門家としての情報を発信する
==============================

メーカーであれば、ホンダや樹研工業のように、専門家としての高
度な技術を使ってモノを作り、世の中にアピールすることができま
す。

モノづくりをしていない小売業やサービス業であれば、「質の高い情
報」を発信することで、自社の存在感をアピールすることができます。

お客様にとって有益な情報を提供し、まずは専門家としての力量を
認めてもらえれば、その後の販売をスムーズに進めることができま
す。

情報発信、本当に大事なんですね。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

さて、自分レベルではどうでしょう?

情報を発信すればするほど、逆に情報は集まってくるといいます。

それは、情報を発信している人同士、仲間意識が芽生えるからかも
しれません。情報発信の大切さを理解しあっている者同士のシンパ
シーと言えるのかも。

「類は友を呼ぶ」

といいますが、

言い換えて、「情報は情報を呼ぶ」

ということでしょうか。

出し惜しみせずに、出し切っている人に、幸運の女神は微笑むのか
もしれません。

とにかく、自分の持っている情報を世の中に投げかけてみましょう。

誰かがどこかで必ず受け止めてくれるはず。

==============================
■編集後記
==============================

名古屋の人気タレントの矢野きよ実さんが、JAYWALKの薬物
疑惑に巻き込まれています。すごく好きな人だったので、とても心
配ですね・・・。妻も心配しています。

(第256号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー