名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2010/01/15

第248号【多能工化の威力とは?】

多能工の威力とは?】

400x300-f1

==============================
■多能工化のメリット
==============================

多能工化とは、工場の作業員などの能力を複数の業務に対応できる
ように訓練し、向上させることです。

例えば、ネジを締めることしかできなかった作業員を、溶接や切削
もできるようにすること、などです。

これによって、新たな人員を雇うことなく仕事量が多い工程に、手が空
いた人員を投入できるようになります。

溶接工程が忙しい時間帯には、手の空いているネジ締め要員を移動
させ、ネジ締め工程が忙しい時には、暇な切削要員を移動させる、
ということが可能になるわけです。

一人で何役もこなすことで、全体の人件費を抑えることが可能とな
るのです。

==============================
■旅館の社員も多能工化できる
==============================

星野リゾートが運営する高級旅館「星のや」でも社員の多能工化に
取り組んでいるそうです。

伝統的な日本旅館では、フロント係や食堂係など職場が固定される
のが一般的で、忙しい時間帯はパートタイマーを入れて対応します。

星野リゾートでは、1人の社員が食堂での接客、フロント業務、車で
の送迎、清掃作業などを時間によって持ち場を変えて行うそうです。
つまり多能工化。

これにより、忙しい場所に人が集中配備され、パートタイマーを雇
わずに運営がスムーズに行われ、人件費の節約を実現しているので
す。

==============================
■ JAL再建のポイント
==============================

単能工であることに固執し、「それは私の仕事ではない」とばかりに
利用者をたらいまわしにする仕事の仕方を「お役所仕事」といいます。

再建問題で揺れるJALですが、再建の過程で懸念されるのは、部
門ごとの縦割り意識が強い「お役所的」な企業文化をどうやって変
えていくか、ということだそうです。

部門を越えて、社員それぞれを多能工化し経営効率を上げていくこ
とが、JAL再建の鍵となる。

まず、頭の中を「多能工化」するだけで大きな意識改革が起こるか
もしれません。つまり、他部門の身になって考え、全体最適を図る
ということです。

それが回りまわって顧客満足につながりますからね。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

さて、自分レベルではどうでしょう?

ある能力を高め、その道のスペシャリストになることは重要です。

しかし、そこに固執しすぎて、他の仕事を全て拒否してしまうと、
全体的な効率が落ちてしまうことがあります。

僕はマーケティング面でのコンサルをメインにしていますが、労務
問題や法律のことについても相談されることがよくあります。

「それは僕の専門外です」と断ることは可能ですが、クライアント
の発展という視点で考えると、僕が調べられることを調べて迅速に
対処した方が効率的に決まっています。それ以上の専門的なことが
必要な場合は、あらためて時間をとって専門家に相談すればよいわ
けですから。

クライアントの効率をあげるためには、自分がある程度多能工化す
ることが必要です。それにより、クライアントの思わぬ悩みや本音を知
る機会に出会えることもありますからね。

星のやも社員の多能工化で顧客との接触回数が増え、コミュニケー
ションが密になり、接客改善につながるという副産物も生まれたそ
うです。

スペシャリストとしてとんがり、多能工として専門周辺のスキルの
幅も広げる。

お客を喜ばすために、重要な視点だと思います。

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー