名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2009/07/24

第223号【スピードアップのために】

8月21日(金)に愛P勉強会の第3回目を行います。今回は誰で
も分かるカンタン財務というコンセプトで、お金のことについて
考えてみたいと思います。基礎の基礎から説明しますので、この
機会に是非、財務諸表の見方のコツを覚えてくださいね。お申込み
お待ちしております♪

詳細はコチラカラ↓
http://raymac.jp/ip0908.pdf

(連続223週間、無休で発行しています!梅雨が長すぎる!)

──────────────────────────────
◎経理代行+財務アドバイスパック登場!
http://raymac.jp/keiridaikou
◎印刷会社専門コンサルティング
http://raymac.jp/printing

==============================
■組織にはびこる形式を排除せよ
==============================

儲かるということは、時間当たりの付加価値を最大化することです。

そのためには、スピードが要求されます。スピードが速ければ、そ
れだけ多くの行動ができるので、多くの成果を生み出すことができ
ます。

また、お客さんに対しても迅速に対応することで満足を提供すること
ができます。対応が早いだけで「能力が高い人だ」「熱心な会社だ」と
いう評価を得ることもできるのです。

行動のスピードを上げるためには、形式を排除することが必要です。
何かを決めるのに複雑な手続きを要したり、何階層もの職位の人た
ちの承認が必要とされる組織では、スピードは遅くて当然です。

中小企業の強みは、無駄な組織上の形式を社長の意思次第で排除で
きることです。しかし、このせっかくの強みを生かせず、形式や慣習
ばかりに捉われて、行動が遅い中小企業は意外に多い。

言わば、大企業病にかかった中小企業ですね。

==============================
■自分で考えて動けば、早い
==============================

形式を排除するということは、社員一人ひとりに権限を委譲し、自
分で判断して行動できる人材を育てることが同時に必要となります。

顧客にとって、あるいは自社にとって何が最良であるかを自ら導き
出せる社員を増やさず、ただ形式を排除するだけでは組織は正しく
機能しません。

このメルマガで何度も紹介していますが、米サウスウェスト航空は
空港での待機時間を短くするために、機体整備を行なうスタッフや
搭乗手続きをするスタッフを、「自ら考えて行動できる人材」に育
てることに注力しているそうです。これが業務をスピードアップさ
せ、高付加価値のビジネスを実現しているのです。

いちいち上司の判断を仰がなければ行動できないスタッフばかりの
組織では、スピードが落ち、競合企業との生産性と付加価値を高め
る競争に勝てないのです。あなたの会社ではいかがですか?

==============================
■思考は形式を利用する
==============================

しかし、思考する場合は、形式を利用した方がスピードアップでき
ることがあります。

例えば、マーケティングを考える時にも漠然と思考するよりは、
4P(プロダクト、プライス、プレイス(販路)、プロモーション)
という切り口を利用した方が、素早く漏れなく考えることができま
す。

また、環境分析をするときも、SWOT(強み、弱み、機会、脅威)
という分析の形式を知っていれば、とても便利です。新しい企画を
考える時も、5W1Hなどの形式に沿って考えることで、迅速に
まとめることができます。

何かを考えるという時、真っ白な状態で何の制約もなく行なうのは
以外と大変で、時間ばかりかかってしまいます。思考するというの
は、コツを知らずにやると、時間も体力も思いのほか使ってしまい
ますので、こういった形式やフレームワークを有効に使うことも、
大切なポイントだと思います。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょう?

僕はコンサル先の会議に出て、何かアイデアを出さなければいけな
いとき、発想法のキーワードを密かに参考にしています。

例えば、「他に使い道は無いか?」「応用できないか?」「拡大し
たら?」「縮小したら?」「くっつけたら?」「省けないか?」など
の思考の助けとなるキーワードをあらかじめ用意しておくのです。

僕の手帳には、こういった発想法の本から抜き出したキーワードが
何十個も書いてあるのです。これを見ながら考えると、かなりの思
考のスピードアップが可能になります。

自分の尊敬する人の名前を手帳に書いておいて、あの人だったらどう
考えるかな?と思考するのも良いかもしれませんね。考え方のタイ
プが違う人を複数思い浮かべることで、色んな角度から物事を考え
ることも出来ます。

自分なりの思考法のツールを用意しておくと、良質なアイデアを効
率良く出すことができるのです。

一度試してみてくださいね。

==============================
■編集後記
==============================

昨日から、毎朝トイレ掃除をすることを決意しました。やってみて、
やっぱり掃除をするのって気持ちいいなと感じました。妻からも褒
められるし。どんなに忙しくとも、続けていこうと思います。では
また来週。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー