名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2009/05/29

第215号【神様に笑われるよ】

6月23日(火)に愛される会社プロジェクト(愛P)の第2回勉強
会を行ないます。今回のテーマは『戦略』です。是非お楽しみに♪
興味のある方はこちらから詳細を確認してくださいね。
→ http://raymac.jp/seminar0906.pdf

参加者全員にぼくの新・小冊子『ブランドは心の中に』
(A5判50P)をプレゼントします。(意外と好評)

ということで、本日のメルマガをどうぞ
(連続215週間、無休で発行しています!来週は初の父親参観)

――――――――――――――――――――――――――――――
◎経理代行+財務アドバイスパック登場!
http://raymac.jp/keiridaikou
◎印刷会社専門コンサルティング
http://raymac.jp/printing

==============================
■夢を語ると笑われる?
==============================

神様を笑わせたいのなら、自分の人生計画を話すといい。

アメリカにはこんな格言があるそうです。つまり、自分の思ったと
おりの人生なんか過ごせっこないよ、人生をコントロールできると
思うなんて虫が良すぎるよ、というわけ。

夢や目標を持ち、それに向けて努力していくことが重要だと自己啓
発の本には書いてあります。夢をビジュアル化し、より具体的に思
い描き続ければ、必ず実現するのだと。

わざわざ本を読まなくても、テレビをつければ同じようなことを色ん
な人が唱えています。最近は近所のおばさんでもそのくらいのことは
言うかもしれませんね。

しかし、現実はどうかというとそれほど甘くない。むしろ、計画通
りに行かないことの方が多い。先の格言はそのシビアな事実を見て
きた先人達が導き出した、最終的な結論なのかもしれません。

日本でも「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますね。国の内外
を問わず、あせって先のことばかり言うと、笑われてしまうという
ことですね。

==============================
■大企業の計画も総崩れ
==============================

計画と言えば、サブプライム・ショックで日本はおろか世界中の企
業が経営計画の変更を余儀なくされたことでしょう。

大企業の超エリートが、超エリートコンサルタントたちと作り上げた
立派な計画も、この大不況の前には無力でした。

もしこの不況を前もって予測していたとしたら、これほどの赤字に
はならなかったはずです。(あのトヨタが4500億の赤字になると誰
が予測した?)

計画は計画通りにはいかない。予想もしなかったことが突然起きて、
あっという間に損失が拡大する。今回の世界同時不況で世界中の企
業が計画を立てることの限界を痛感したことでしょう。

==============================
■オープンマインドでいること
==============================

だからといって、無計画に行動すればいいというものではありませ
ん。計画通りには行かないとはいえ、目標や計画を立てておくこと
のメリットは少なからずあります。

一つは、目標や計画を立てることで、実績とのギャップを測ること
が出来ます。自分が到達したい地点と実際の地点との差を知り、そ
の差を埋める努力をすることで成長を加速させることができます

また、達成感をより高く感じさせる効果もあります。人間は達成感
を強く感じる時ほど幸福感を感じる生き物。だからこそ計画を設定
した上で達成した方が、計画なしで同じ結果を得たときよりも強く
幸福感を感じるのです。そこにモチベーションの源泉があります。

神様や鬼には笑われるかもしれませんが、計画や目標はあった方が
いい。重要なのは、計画や目標は思い通りにいくことはむしろ稀(まれ)
であるということを前もって理解しておくことです。

たとえ計画通りにいかなくても、変化に合わせて計画を臨機応変に
組み替えていく、柔軟でオープンな気持ちを持つことが必要なので
す。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょう?

人生は、変化に満ちています。自分が将来どんな仕事に就くかも、
今後どうなるかについても、完璧に予測することはできません。

ぼくが今この仕事をしていることも、数々の偶然や幸運に恵まれ
た結果だと思います。経営コンサルタントの仕事をするなんて、
大学卒業の時点では、全く想像していませんでした。

今のところ、死ぬまでこの仕事に身を埋めていくつもりですが、
それとて突然病気になってしまったり、天災が起きて計画の変更
を余儀なくされるかもしれません。あるいは想像を超えた超高収
入な仕事のオファーが舞い込むかもしれません(笑)。

いずれにしろ、目標や計画は持ちつつも、オープンマインドでいる
ことがとても大切。目標や計画にとらわれ過ぎて近視眼的になって
しまうと、失敗から立ち直れなかったり、あるいはチャンスを逃し
てしまう恐れがあります。

将来の目標や計画を立てて神様や鬼を笑わせながらも、変化への柔
軟性も忘れずに持ち続けることが、21世紀を生きるぼくたちには
必要なのだと思います。

GDPのマイナス成長を伝えるニュースを見ながら、そう感じました。

==============================
■編集後記
==============================

今週は新しい顧問先でヒアリングを開始したり、レイマックプレスの
インタビュー記事の編集に追われたり、遠方の顧問先の会議に出たり
とバタバタした1週間でした。来週もたくさんの人に会う予定で、
とても楽しみです。梅雨の季節が近づいてますが、晴れやかに頑張り
ましょうね。ではまた来週に。

愛P勉強会の参加申込みはこちらから↓
第2回愛P勉強会 http://raymac.jp/seminar0906.pdf

(第215号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー