名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2009/05/15

第213号【お客さんの声を味方にして】

愛される会社プロジェクト(愛P)の第2回勉強会の参加受付を開
始しました。6月23日(火)、ご都合のつく方はこちらから詳細を
確認して、お申込みくださいね。
→ http://raymac.jp/seminar0906.pdf

ということで、本日のメルマガをどうぞ
(連続213週間、無休で発行しています!小沢さん、遅いって!)

◎経理代行+財務アドバイスパック登場!
http://raymac.jp/keiridaikou
◎印刷会社専門コンサルティング
http://raymac.jp/printing
==============================
■何のCMか思い出せない
==============================

3歳の息子がいますが、テレビコマーシャルの歌は本当に良く覚え
るんです。幼稚園で習う歌も覚えますが、CMソングには負けますね。

それだけCMソングは耳に残りやすい、覚えやすいメロディや言葉
が厳選されて使われているのだと思います。大人でも、気がつくと
CMソングを口ずさんでいたりしますからね。

もちろん映像も、数十秒の間に視聴者に強い印象を与えるために、
有名タレントを起用したり、ドラマ仕立てにするなどの工夫を凝ら
します。皆さんも思わず笑ってしまったCMが、一つや二つはある
のではないでしょうか。

しかし、強いインパクトを与えることに成功し、話題になったとし
ても、それがその商品の売上増加に結びつかなければ意味はありま
せん。登場するタレントは印象に残っていても、「あれ、何のCM
だったっけ?」ということは、意外に多いのではないかと思います。

==============================
■マス広告の限界?
==============================

郷ひろみが「青い珊瑚礁」を歌って話題になったマンダムの白髪染
めの新製品がこれでした。

同社調べによるとCMの認知度は7割に達したそうですが、「売上
には結びつかなかった」と西村元延社長は振り返ります。(2009年
5月14日の日経15面より)

西村社長によると、最近はマスメディアを使った広告の効率が落ち
ているのだとか。同社のギャツビーなどもCMの話題性のわりに、
販売に結びついてないという結果が出ているそうです。

電通が創業以来の最終赤字、テレビ局各社も厳しい決算になるとの
報道がなされていますが、不況による広告出稿の減少だけでなく、
「マス広告の限界」を感じている企業が増えつつあることも、これ
ら一因のような気がします。

==============================
■ユニクロのひと工夫
==============================

有名タレントを使って、商品の機能やイメージを一方的に送るだけ
では、広告の効果は限定的になって来ているようです。

そこでユニクロは「サラファインナー」という夏を快適に過ごすた
めの女性用肌着の広告にひと工夫したそうです。(2009年5月13日
日経MJより)

何をしたか。インターネット通販でこの商品を購入した人の着用感
想を広告やPOPに採用し、クチコミを喚起する演出したのです。す
るとそれが顧客にアピールし、販売に一気に火がついたそうです。

企業側が莫大な予算を使って「この商品、いいですよ!だから買って
ください!」と叫んだところで、消費者は簡単には信じません。自
分で自分のことを褒めても、相手を動かすことは難しい。

お客様に感想を述べてもらい、それを販促に使うという方法は以前
からありましたが、ユニクロのような大手企業さえもそういうきめ
細かいマーケティング手法を使い始めているんですね。是非参考に
してください。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

お客様の感想を販促に使うという方法は、小さな会社や個人事業主
ほど熱心に取り組む必要があります。

予算が限られる小さな会社ではマスメディアを使う余裕はありませ
んし、そもそもその有効性が限定的になって来ているのならば、使
う意味はほとんどありません。

お客様に感想を快く頂くためには、お客様に近い存在であること、お
客様と密着していることが必要です。小さな会社はその強みである機
動力を発揮し、これを実現することができます。いや、しなければい
けないでしょう。

小さい会社だからこそ、お客様一人ひとりの顔が見えるはず。その
方たちから、会社への、そしてあなたへの感想を頂きましょう。

その感想をホームページへ、パンフレットへ、チラシへ、名刺へ掲
載してください。お客様の声を味方につけるのです。

下手なコピーライターを雇うより、何倍も効果のある強烈な広告コ
ピーが出来上がります。

==============================
■編集後記
==============================

冒頭でお知らせしましたが、第2回愛P勉強会を行います。日程は
6月23日(火)の18:30からです。名古屋での開催ですので、
遠方の方は申し訳ございません。第1回は京都、岐阜、三重、静岡
からもお越し頂いて、とても嬉しく思いました。参加して頂いた方
からの感想を載せていますので、是非下記からご覧くださいね。
第2回愛P勉強会 http://raymac.jp/seminar0906.pdf

さて、民主党の小沢さんが党首から降りましたが、小沢さん遅いし、
歯切れ悪すぎです。政治家も国民の声や感想をもっとリアルに吸い
上げて、感じて欲しいですね。

(第213号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー