名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2009/01/23

第197号【儲けて引っ張れ!】

なぜこの仕事をやっているのか?
http://raymac.jp/why

昨日は飲食店向けの集客UP塾を主催する、キュアシステムズの
土屋社長と飲みました。(集客UP塾→ http://www.up-juku.jp/
久しぶりの再会で、とても楽しく飲むことができました。コンサル
タントの先輩として兼ねてから尊敬している方なのですが、とても
気さくで、やさしくて、ますます好きになってしまいました。派手
さはなく、地道なスタンスがボクとすごく合うのです。もっとたく
さんお話したかったのですが、お互いまだ仕事に戻らなくてはなら
ず、泣く泣く解散しました(涙)。ボクが誘ったのに、結局ご馳走
になっちゃって(汗)。土屋社長、ゴチでした!また今度、飲みま
しょう!

ということで、本日のメルマガをどうぞ
(連続197週間、無休で発行しています!!やっぱ酒の席は好き♪)

◎小冊子「愛される会社の法則」↓好評配布中です。
http://raymac.jp/book

◎ブログ書いています。↓↓↓
ブログ『愛されるコンサルタントで行こう』
http://raymac2.exblog.jp/
◎ホームページへも、是非。↓↓↓
公式サイト
『愛される会社には、理由がある』
http://www.raymac.jp

===============================
■経営者はまず儲けてから、その後、還元
===============================

社内を活性化させるために世の中には色々な方法論が試されています
が、「儲かる」こと以上に社内を活性化させる方法は、ボクは無いと
思います。

世の中にはコーチングや賃金制度などにより社内を活性化させ、社員
のモチベーションを高めることによって、自然に儲かる会社になるの
だ、という意見もありますが、経営者や起業家はやっぱり儲けること
を追及して欲しいと思います。

儲けて、利益を得て、その利益をいろいろな関係者に配分していくこ
とが、経営者の重要な役割の一つだと思います。儲けて私腹を肥やす
のではなく、稼いだ利益をお客様、社員、取引業者さん、地域社会な
どへ還元していくのです。

===============================
■イキイキ、ワクワクが伝染する
===============================

先日妻が言っていました。「ユニクロが絶好調!というニュースを見
ていたら、なんだか無性にユニクロへ行きたくなっちゃった!」と。
人間は、賑やかなところに自然に引っ張られるようにできているんで
すね。

そういうボクも、名古屋駅の高島屋で毎日行列を作っているバームク
ーヘン屋で無性に買ってみたくなり、ついに先日並んで買ってみまし
た。不景気な世の中だからこそ、元気な店で買いたい、並んででも買
いたい、という気持ちが、なんとなく分かった気がしました。もちろ
ん味もおいしく、人気の秘密に納得しました。

儲かっている会社やお店には、その事実が呼び水となってさらにお客
様が集まり、さらにさらに儲かります。押し寄せるお客をこなす社員
さんは大変でしょうが、そういうお店や会社のスタッフさんたちは、
間違いなくイキイキしています。そしてそのイキイキがお客様にも伝
わり、お客様もイキイキ、ワクワクしてくるのです。

儲かることで社員がイキイキし、お客様もイキイキワクワクする。経
営者にとってこんなに嬉しいことはありませんよね?こう考えてくる
と、やっぱり経営者は儲けないといけないよな~、と思うのです。

================================
■勝ちそうなチームに入りたい
================================

学校の授業でグループ分けをし、グループ別に議論して何かを発表する
というようなお題が出された時、隣のグループが賑やかに盛り上がって
いたりすると、あっちのグループに入りたかったな・・と思った経験、
誰しもがあると思います。

多くの人たちは、賑やかで楽しそうなチームや勝利に向かって進んでい
るチームの一員になることを望んでいます。勝ちそうなチームに入りた
いのです。つまらなそうで、暗く沈みがちで、今にも負けそうなチーム
にはなるべく入りたくありません。

ですから、経営者は勝利に向かうチームを作らなければいけません。じゃ
ないと優秀な人材は集まりませんし、モチベーションも高まりません。
そのためには、勝利するための戦略を練り、計画を立て、実行していく
必要があります。そしてもちろん結果を出すことも。

このチームに入れば、勝利を体感できる、と感じた時、人はそのチーム
に入りたいと思い、入った後も頑張りたいと思います。

良い人材を集め、モチベーションを高めてから勝利を目指すのではなく、
まず経営者自ら勝利への足ががりとなる結果を見せ、「頑張れば、でき
る」と社員達に思わせることが必要なのです

「頑張っても、たぶん負ける」という状況でやる気を出すのは結構大変
ですが、「頑張れば、できる」という状況下では、人間は俄然やる気に
なるのです。

================================
■自分レベルの視点で
================================

さて、自分レベルではどうでしょう?

「最近、仕事どうですか?」と聞かれた時、あなたは何と答えますか?

こんな不況時ですから、「いや~、ダメダメ。厳しいですよ。だってト
ヨタ自動車があんな風に落ち込んじゃってますからね~」なんて答えて
いるのでしょうか。

ですけど、「ダメですよ~」と言っている人には、人も仕事も寄ってき
ません。こういう時だからこそ、「おかげさまで、結構調子いいですよ」
というスタンスでいることが大切です。

内情は苦しくとも、「おかげさまで~」と言っている人には、「え?調子
いいの?何か秘訣でもあるの?イイネタもっているの?教えて教えて!」
と寄っていきたくなるものです。

苦しい時に、苦しい人同士、「苦しいですね~」と言っていてもらちがあ
きません。

「おかげさまで、何とかやっています。ありがとうございます」

こう答えることにより、自分を「勝てそうなチーム」に仕立てるのです。

勝てそうなチームに人は寄ってきます。

そして勝てそうなチームの士気は、いっそう高まるのです。

================================
■編集後記
================================
さて、1月も残すところ1週間となりました。目標の進捗状況はどうです
か?ボクは胃腸風邪にかかってしまい、生活が大幅に乱れ、芳しくない
状況です。ところで、目標達成のためには、毎月とは言いませんが、定期
的に進捗度合いを確認する作業が必要です。ボクは2ヶ月に一回確認する
ことにしてあります。今月の遅れは、来月取り戻すつもりで、スケジュー
ル表とにらめっこしています。

(第197号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー