名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2009/01/16

第196号【商品はイイ。あとは売り方だ!】

なぜこの仕事をやっているのか?
http://raymac.jp/why

昨日は、愛される会社プロジェクト(愛P)の会報誌『レイマック
プレス』の取材で、岐阜県のマルイ不動産のコアラ社長に会って来
ました。強烈に面白く、経営に役立つお話がたくさん聞けました。
この話は2月号に掲載予定です。会員の方、楽しみにしていてくだ
さいね。それで、コアラ社長のブログでボクのことを紹介して頂い
ているので、是非そちらもご覧ください↓
http://maruifudousan.blogzine.jp/htdocs/2009/01/post_59a5.html

ということで、本日のメルマガをどうぞ
(連続196週間、無休で発行しています!!コアラ社長、スゴイ人でした!)

◎小冊子「愛される会社の法則」↓好評配布中です。
http://raymac.jp/book

◎ブログ書いています。↓↓↓
ブログ『愛されるコンサルタントで行こう』
http://raymac2.exblog.jp/
◎ホームページへも、是非。↓↓↓
公式サイト
『愛される会社には、理由がある』
http://www.raymac.jp

================================
■どのお店も美味いです
================================

最近はどこの飲食店に入っても、どんなメニューを注文しても、そこそ
こにおいしいものばかりです。まずくて二度と来たくないと思うような
お店って、ほとんどないんじゃないかな、と思います。

しかしそれでもお客さんがたくさん来る店とそうでないお店が存在しま
す。いくらおいしい料理を提供するお店であっても、それだけで人気店
になることは難しい世の中です。おいしくて当たり前なんですね。

現在関与している飲食店でも、料理は本当にどれもおいしいもの揃いで
す。ボクの知る限り食べた人は皆、そのおいしさに満足して帰ります。
しかし、来店客数は目標を下回り、売上面でも苦戦を強いられています。

おいしいのは当たり前。じゃあ、そのおいしいモノをどう売るかという
ことが、繁盛店になるためには非常に重要になのだ、ということがこの
関与先の事例でヒシヒシと感じています。(何とかせねば)

================================
■商品3分に売り7分
================================

多くの会社は、

「いい商品さえあれば、もっと売れるのに」とか、

「画期的なサービスを考えれば、一気に売り上げが伸びるはず!」

と思い込んでいるフシがあるように感じます。

確かに良い商品、良いサービスであることは、大切です。対価としてお
金を頂く以上、少なくともそれに見合う品質はあって当然です。しかし
だからといってそこを追求していけば必ず売り上げが上がるのかといえ
ば、決してそうではないようです。

ランチェスター経営の竹田陽一先生は、著書「小さな会社☆儲けのルー
ル」の中で、中小企業経営に大切なのは「商品3分に売り7分」という
考え方だと言っています。商品の良し悪しよりも、どこで誰にどうやっ
て売っていくかということの方が中小企業経営には重要だと言っている
のです。

オンリーワンの画期的な商品やサービスを独自で開発するのは至難の業
です。そこに全ての時間とお金を注ぎ込んでも成功が約束されるわけで
はありません。そうじゃなくて、商品は良くて当たり前で、売る戦略に
ついてもっと考えたほうがいいですよ、ということなんですね。

================================
■画期的な技術よりも・・
================================

ハイテク系の企業、技術系の企業は、「画期的な技術」を追い求めて、
莫大な研究開発費を投じてしのぎを削っています。

しかし、「画期的な技術」を背景にした商品が常にメインストリームに
のし上がったかというと、決してそうではありません。

ロータスや一太郎がワードよりも劣っていたという事実は、果たしてあ
るのでしょうか?HD-DVDとブルーレイは?ウォークマンとiPodは?
これらの質問にまともに答えるのは難しいと感じます。

機能ごとにつぶさに比較検討すれば、敗退した商品の方が優れているこ
ともあったのでは?と思います。勝敗を分けたのは、「売り方」なのか、
それとも他の要因があったのか、ここで分析するつもりはありませんが、
商品や技術に妄信的に入れ込みすぎると、「いい商品なのに何故か売れ
ない」という事態を招くこともあるようです。

===============================
■自分レベルの視点で
================================

さて、自分レベルではどうでしょう?

いくら素晴らしい能力、豊富な知識量があったとしても、それを現金に
変える戦略をしっかり立てない限り、永遠に豊かにはなれません。

びっくりするくらい頭の良い人を何人も知っていますが、頭が良いこと
と、現金化する能力とは全く別のようです。

勉強すること、知識を補充していくことは、とても大事なことです。し
かし、それと同じくらい、いやそれ以上に大切なことは、その能力を
売る方法をしっかり考え実践していくことです。

あなたの能力にはどんな価値があり、どんな人に役立てることができる
か。

どんな人が買ってくれるのか。どうすれば買ってくれるのか。

あなたに価値があることは、実は、もう分かっている。

あとは、どう売るか、だけなのです。

違いますか?

================================
■編集後記
================================

毎月のレイマックプレスの経営者インタビューで、色々な経営者にお会
いするのですが、毎回ハンマーで殴られたくらいの衝撃を受けて帰って
きます。今回のコアラ社長からもかなり大きなインパクトを受け、そし
てそれがやる気へと昇華してきています。やはり、何かに打ち込んでい
る人が放つパワーは、すごい。毎月、自分が成長していく気がしていま
す。

(第196号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎週配信
メールマガジン「愛される会社の法則」

■ 登録・解除フォーム

※ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社スリーピース代表、三井仁さん

【経営コラム】

「SNSとの付き合い方」

【書籍紹介】

『自分のための人生』ウェイン・W・ダイアー 著

>> Raymac pressバックナンバー