名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2008/12/26

第193号【ブルーオーシャンを見つける】

ボクはなぜこの仕事をやっているのか?
http://raymac.jp/why

23日は家族関係が集まってクリスマス会をしました。ここぞとば
かりにケーキを食べまくり、体重オーバーで撃沈です。年末年始で
さらに太りそうで恐い!と震えている豊田です。みなさんはメタボ
大丈夫ですか?

ということで、本日のメルマガをどうぞ
(連続193週間、無休で発行しています!!風邪ひいて喉痛い)

◎小冊子「愛される会社の法則」↓好評配布中です。
http://raymac.jp/book

◎ブログ書いています。↓↓↓
ブログ『愛されるコンサルタントで行こう』
http://raymac2.exblog.jp/
◎ホームページへも、是非。↓↓↓
公式サイト
『愛される会社には、理由がある』
http://www.raymac.jp

================================
■シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京がスゴイらしい
================================

日経MJによるサービス・エンターテインメント業界の2008年の
ヒット商品番付に「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」がランク
インしていました。

シルク・ドゥ・ソレイユはカナダのサーカス団で、オリエンタルランド
が東京ディズニーリゾート内に常設のシアターを設置して運営しており、
開業当初から注目を集めていました。

10-12月の稼働率は90%台と好調で、土日はほぼ満席状態だとか。

以前より注目を集めていた同サーカス団ですが、オリエンタルランドと
組んでより強力なコンテンツになって、見事ヒット商品としてランクイ
ンしました。是非一度見てみたいですね。

================================
■ブルーオーシャンの見つけ方
================================

シルク・ドゥ・ソレイユは、ブルーオーシャン戦略の成功例として紹介
されるパフォーマンス集団です。ブルーオーシャン戦略とは、競争相手
のいない新しいマーケットを創造していく戦略として話題になった経営
戦略です。

通常、企業というのは既存のマーケットでシェアを拡大するために、よ
り良い商品をより良いサービスで、より安く提供しようとしますが、こ
の方法では満足のいく利益は得られないことが多いようです。なぜなら
良い品質にしようとすればするほど、コストがかかってしまうからです。

さらにライバル企業も同じ発想で戦おうとするので、競争は激しくなる
ばかりで、最後には血まみれになってしまいます。これをレッドオーシ
ャン(血の海)というそうです。

ですから、現在の延長戦上にある考え方は捨て、全く新しい発想や方法
を取り入れ、未開拓のマーケットを見つけ出すことによって、血みどろ
の競争から抜け出そう!というのがブルーオーシャンという考え方なの
です。

シルク・ドゥ・ソレイユが、旧来のサーカス団と違うのは、

・ 購入コストと維持コストが高い「動物」を使用することをやめた
・ ギャラの高いスターパフォーマーは雇わないことにした
・ その代わり、ストーリー性・テーマ性を取り入れた
・ その結果、子供だけでなく大人の観客を魅了するようになった

などです。

これらは、「サーカス」という枠組みから外れて発想し、ミュージカルや
演劇、それにバレエなどの要素を積極的に取り入れたことによって生み
出されたものです。

シルク・ドゥ・ソレイユは「旧来のサーカス団」をベンチマークする手
法は捨て、他業界の発想や方法を取り入れることでブルーオーシャンを
創出し、ライブエンターテインメントの新境地を切り開きました。

そして、ついには東京に常設のシアターを作り、常に会場を満員にさせ
るほどのインパクトを放つエンターテインメント集団になったのです。

================================
■ヤマトもスゴイ
================================

今年、ボクが実際に体験したサービスで最も驚いたサービスの一つが
ヤマト運輸の「メール便」です。サービス開始は1997年とのこと
なので、何を今更、と思われるかもしれませんが、存在は知りつつも実
際に使ってみたのは初めてで、その品質と価格の安さに驚いてしまった
のです。

A4サイズの封筒なら日本全国どこに送っても80円。郵便より安いで
す。その仕組みは、集荷と拠点間の運送はヤマトのドライバーが動きま
すが、宅配するのは近所の主婦などで構成される嘱託配達員だそうです。
一通あたりの嘱託配達員のフィーは30~40円だとドライバーのお兄
ちゃんが言っていました。

旧来の宅配業者の競争基準は、より早く、より確実に、より安くという
ことだったと思います。しかし、時間が経つにつれ市場は飽和し、競
争企業は増え、安さ競争に突入していきます。そこでヤマトは発想を変
え、書類やDMなど従来は郵便局が運んでいた荷物も運ぼうと考えたの
です。そこに広大なブルーオーシャンが広がっていたのですね。

この仕組みを支えているのは、近所の主婦やまだまだ働きたい引退後の
中高齢者です。彼・彼女らを活用することで、ヤマトは郵便局に負けな
い低価格でのサービス提供を実現しました。ドライバーのお兄ちゃん曰
く、配達員の主婦たちは、スーパーに買い物に行く道中のついでに配達
するのだとか。ボーっと自転車を漕いでいた主婦が、ヤマトによって一
瞬のうちに貴重な戦力になってしまったのですね。

正社員ドライバーが80円の封筒を一通ずつ宅配していたら、採算が合
うわけない。そこで発想を変えて、遊休?労働力を組織化することで、
採算の合う事業に仕立て上げたヤマト運輸の柔軟な発想力。こういう発
想、是非見習いたいですね。

================================
■自分レベルの視点で
================================

さて、自分レベルではどうでしょう?

ブルーオーシャン戦略とは、ライバルや目標とする人をベンチマークし
ないことから始まります。

つまり現在の延長戦で考えず、全く違う業界、業種などの事例などを発想
の元にするのです。そして、現在の競争ルールの軸を変えて、競争を無意
味なものにしてしまうのです。

競争に勝つためには、相手を負かそうという試みをやめることだとか。
(参考:ブルーオーシャン戦略 W・チャン・キム 他著)

そのためには、自分と違う人、モノと触れ、発想を柔軟にしておくこと
が重要になってきます。

そう考えると、異業種の人と交流し、その考え方などを聞かせてもらう
というのは、非常に意味あることだと思います。また逆に自分が常識だ
と思っていることが、相手の業界にとっては貴重なヒントになることも
あるでしょう。

シルク・ドゥ・ソレイユはミュージカルと演劇に目をつけた。
ヤマト運輸は、郵便物と主婦に目をつけた。

さて、いよいよ年が暮れ、そして明けようとしています。
年末、お正月は、異業種、異業界と出会う機会が目白押し。
是非、色んな人と情報交換し、新たな刺激を受けたり、また与えたりして
みましょう。

お正月に小学生にお年玉をあげたら、逆に小学生の「常識」をシェア
してもらって、事業のヒントにしてもいいかもしれませんね。

================================
■編集後記
================================

息子が機関車トーマス大好きで、おじいちゃん(サンタクロース)に
トーマスのおもちゃセットをもらったんです。そのおもちゃの出来具合
が素晴らしくて、大人さえも関心して惹きこまれてしまうほどです。タ
カラトミーが作っているのですが、その開発力に脱帽です。子供心はも
ちろん大人の心も鷲づかみ、の一品でした。

(第193号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー