名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2008/02/01

第146号【目標を公言する】

年末にパキラという植物を買ってきて、机の上に置いてます。
するとその部分にはモノを置けないので、机の上がいつもきれいに
保ててます。この効果はスゴイ!と感動している豊田です。

ということで、本日のメルマガをどうぞ!
(連続146週間、無休で発行しています!早起きも続いてます)

◎ブログ書いています。↓↓↓
ブログ『サンボー豊田礼人の散歩 a GO!GO!』
http://raymac2.exblog.jp/
◎ホームページへも、是非。↓↓↓
公式サイト
『◎売上増加のキーワードは、整理整頓です
~戦略を立てるのは、その後で~』
http://www.raymac.jp

===============================
■個人の目標を大企業が応援する
===============================

先ごろプロ宣言したゴルフの石川遼選手が、家電大手の松下電器産業
と所属契約をしたと発表しました。(契約金額は5年で5億円!)
http://www.asahi.com/sports/update/0128/TKY200801280107.html

石川選手はすでに用具使用でヨネックスとも5年6億円の契約を交わ
しており、高校生があっという間に億万長者になってしまいました。

松下電器としては、サッカーチームなどのプロの団体と契約すること
はありましたが、個人のプロ選手と契約するのは初めてのことだそう
です。

この件でボクが注目したのは、松下電器が石川選手と契約したその
理由です。

石川選手との契約の理由について松下電器の担当者は、

「高い目標と理想を掲げ、果敢に挑戦する若者の成長を願い、その夢
や可能性の追求・活躍を支援するため」と語りました。

「目標はマスターズ優勝」ということを公言してきた石川選手の目標
の達成を支援しよう、ということです。もちろん彼のさわやかさや実
力が企業イメージを向上させるという判断もあったとは思いますが、
何より「目標達成をサポートしたい」ということを松下は強調したの
です。

===============================
■目標を公言する
===============================

目標を公言するとその達成可能性は高まります。

社会心理学の研究によると、人々はある考え方を公言するようになる
と、それまではそうした考えかたを持っていなくても、その考え方に
従って行動する傾向が際立って強くなる、と言われています。

名著「ビジョナリー・カンパニー」では、「ビジョナリー・カンパニー
と呼ばれる優良企業は比較対象企業に比べて、基本理念を公言する傾
向がはるかに強いという結果が出ている」と紹介しています。

まず目標や理念があり、かつそれを公言することで、その達成の可能性
がグン!と高まるのだ、と著者は主張しているのです。

では、なぜ目標を公言すると達成可能性が高まるのでしょうか?それに
ついて、私はこう考えます。

===============================
■目標を公言する効果とは
===============================

目標を公言することで、公言者には2つの気持ちが湧き起こると思い
ます。一つは、絶対に達成すると自分に言い聞かせることで起こる前
向きな気持ち。これは、潜在意識に目標を刷り込んで行動をそれに向
かわせる働きがあります。

もう一つは、もし達成できなかったら、他人から笑われる(非難され
る?)かもしれないという不安な気持ちです。目標を公言しないタイ
プの人は、これを極度に恐れるからなのだと思います。

しかし、松下電器が石川選手と契約した理由からも分かるとおり、目
標を公言することは「笑われるリスクも承知の上で言っている」と解
釈されるのです。そしてそれが「何ていさぎよい人だ」と評価される
ことにつながるのだと思うのです。

目標を人に言って、もし達成できなかったら笑われる。だから「無言
実行」でいこう、と多くの人は考えます(ボクもそうだ!)。

しかし、公言することでそのいさぎよさに共鳴する協力者が現れ、そ
の協力者のおかげで目標の達成可能性が高まると、いう側面があるの
ですね。今回の件でこの思いを改めて強くしました。

自分に言い聞かすことで、潜在意識が自分を動かしてくれる。

そして他人に言うことで、協力者を集めることができる。

この2つの効果があるから、目標を公言すれば、その達成可能性は
高まるのだ、と思うのです。

===============================
■社長の目標を達成したい
===============================

中小企業のコンサルティングの仕事をしていると、目標が無い会社
に多く出会います。いえ、本当は「こうしたい」という漠然とした
目標があるのですが、「達成できなかったらカッコ悪い」という思い
から、社長は口に出さないのです。

先日も「目標など無い」と言っている社長に根掘り葉掘り質問して
いたら、「移転してもっと広いお店にしたい」という思いを持って
いることが分りました。

しかし、「できっこない」「公言したら社員に笑われる」という気持ち
から胸の奥にしまってあるのです。しかし、公言することの2つの効
果を考えたら、これは本当に勿体ない話ですよね。

現に、この話を聞いたボクは「ぜひその目標をかなえたい」と思った
のです。社長は協力者を一人ゲットしたのです。

===============================
■自分レベルの視点で
===============================

さて、自分レベルではどうでしょう?

ボクの目標は「1000人の社長を笑顔にすること」です。期限は20
年後までに。ですから年間50人の笑顔が目標です。こう考えると、出
来そうな気がしてきます。不思議なことに。

これは、つい最近新たに立てた目標なんですが、今のところ一番自分の
中でしっくりきている目標です。ですから、今日この場で公言すること
にしました。(うん。確かに少し恥ずかしい)

まだまだ目標達成へは程遠いですが、少しずつ確実に近づいています。
この公言で自分にプレッシャーはかかりますが、潜在意識に刷りこま
れ、そして、協力者に出会えることを期待しています。

さてさて皆さんはいかがですか?目標を口に出していますか?
公言していますか?

ちょっと恥ずかしいですが、是非トライしてみてくださいね。
意外とスッキリしますから。

(さっそく仲の良い友人と「公言大会」を開いてみよう!)
(そして、協力者になってあげよう。相手もきっとなってくれるはず)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の一冊 『決算書の暗号を解け』  勝間和代 著
★★★★☆(星4つ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まず経済評論家で公認会計士である著者の略歴がスゴイ。慶応卒で早
稲田大学のファイナンスMBA。アンダーセン、マッキンゼー、JP
モルガンなどのコンサルタント・アナリストを経て独立。2005年には
「ウォールストリート・ジャーナル」から「世界の最も注目すべき
女性50人」に選ばれたとか。ちなみに公認会計士は当時史上最年少の
19歳で合格したそうです。まさに泣く子も黙る経歴ですね。で、今
本屋行くとこの人の本めちゃくちゃ出てますよ。ビジネス書ランキン
グに2冊同時にランクインしてたりします。B’Zみたいですよね(笑)
で、この本の内容は、株式投資のために、決算書を正しく読む方法を
教えてくれるというものです。会計の知識がある程度無いと難しく感
じるかもしれませんが、「投資判断」という目で決算書を読むコツを
分かりやすく解説してくれています。ボクも勝間さんのいうポイント
で決算書を分析し、ある株を買ってみました。結果は・・・?
とにかく、こういうスーパー賢い人がどういう文章をどういう切り口
で書くのだろう?ということに興味がある人は、是非読んでみてくだ
さい。
興味のある方はコチラカラ↓
http://www.raymac.jp

【注】評価基準
★★★★★ 赤線率50%以上 睡眠時間削っても今すぐ読むべし!
★★★★☆ 赤線率30%以上 今読んでる本が終わるやいなや即!
★★★☆☆ 赤線率10%以上 読んでおけば尚可か
★★☆☆☆ 赤線率5%以下  暇をつぶす必要に駆られた時にでも
★☆☆☆☆ 赤線率ほぼゼロ  立ち読みで可

※赤線率とは、豊田が興奮して赤ペンで線を引く割合です。
※評価はあくまで私見です。ご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===============================
■編集後記
===============================
今日から2月です。今シーズンまだ雪を見ていないので、一回くらい
降らないかな、と空を見上げています。さて2月はどんな月になる
のでしょう。とりあえずボクは、2月3日に近所の神社に厄払いに行
ってきます。

(第146号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

「キャプテンズドーナツ」オーナーで、株式会社フルカウント代表取締役、伊藤元長さん

【経営コラム】

「共感が呼ぶストーリーが武器になる」

【書籍紹介】

『トップも知らない星野リゾート』前田はるみ 著

>> Raymac pressバックナンバー