名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2007/03/30

第102号【不満から不安へ】

===============================
■不安と不満
===============================

松井証券の松井社長が講演会で話していたことです。

主体性を持って行動する人は、「不安」を感じる。
誰かに従属して(頼って)行動する人は、「不満」を感じる。

主体性を持って行動する人=自分で考えて行動する人は、可能性を
信じて物事を発想する。自分で責任を背青い、リスクを背負うから、
とてつもない不安を感じる。

逆に、従属して行動する人=自分で考えない人は、困難をまず心配し、
困難から物事を発想する。ゆえに、常に誰かのせいにし、誰かに対して
不満を感じている。

人間はこの2種類に分けられるそうです。

===============================
■リスクを冒さなければ何も得られない
===============================

思い返せば、サラリーマン時代の僕は、まさに不満だらけの人間でし
た。会社が悪い、上司が悪い、お客さんが悪い。自分のことは棚に上
げて、全てを周りのせいにして、自分を正当化していました。会社に
従属し、「できない」「忙しい」「何で俺が?」という発想を常にしてい
ました。

独立してからは、逆に不安だらけでした。もう誰のせいにもできない。
自分で決めて、自分で行動しなければ、何も進まない。サボっていても
間違ったことをしても、誰も注意してくれない。

嫌でも主体性を持たざるを得ない状況です。自分の好きなようにやれ
るのですが、その分不安はとても大きい。ほんとに俺はできるのか?
その器量があるのか?今月はいいけど、来月は大丈夫か?今年はいい
けど来年は?

不満は無くなりましたが、不安は永遠に続きます。

松井社長のお話の中で、イギリスのヴァージングループのブランソン
会長が「リスクに打ち勝ってこそ初めて仕事は面白い」と言っていること
を紹介されていました。

レコード会社から始まって航空会社、鉄道、飲料など次々と新規事業
を成功させたこの巨大企業のスローガンは、

「リスクを冒さなければ何も得られない」

だそうです。リスクの向こうに大きな成功があったのです。

===============================
■女子社員の憂鬱
===============================

先日、コンサルティングで関わっている会社の女子社員が会社を辞める
というので、話を聞かせてもらいました。

辞める理由は二つです。
一つは、今持っている資格を生かした仕事がしたいのだが、この
会社でその仕事ができるのか非常に怪しいこと。

もう一つは、会社のビジョンがはっきりせず、いつも行き当たりばっ
たりの指示に終始する経営陣に不満を持っていること。

彼女は、資格を生かして仕事をしたいという主体性をもっていますが、
本当にそういう生き方が自分に出来るのか「不安」を持っている。同
時に会社に従属し、会社が何かを与えてくれるという依存体質から生
まれる「不満」も、持っている。

不満だけで退職を決意したのであれば、もう一度考え直すようなアド
バイスをしようかと思いましたが、不安を持ちながらも主体性を持っ
て行動しようとしている彼女でしたので、それはやめました。きっと
新しい環境でも活躍してくれると思います。

と同時に、こういう良い人材が流出してしまう我がクライアントを
憂う豊田なのでした。やはり明確なビジョンを立ててもらう必要が
ありますね。さもないと、会社はどんどん衰退していきます。

===============================
■自分レベルの視点で
===============================

下請け取引の比率が高い中小企業も、不満をたくさん持っていると思い
ます。「値段がたたかれる」「納期はどんどん短くなる」「ちょっとした
ミスですぐに『取引停止』という言葉を浴びせられる」などなど。しか
し、売上の大部分を頼っている大得意先には絶対に逆らえない・・・

下請け取引という従属関係を断ち切り、不満を解消するためには、自
社の独自製品を開発したり、独自のチャネルを獲得して、親企業に頼
らない事業モデルを構築しなければなりません。まさに主体性が求め
られます。

自分レベルでも、会社レベルでも、主体性をいかに発揮するかは、利
益に直結する重要な問題です。

不満を持ちながら、イヤイヤ仕事をするのか。
それとも不安は大きいけれど、リスクを冒してチャレンジするか。

あなたの生き方に関わる問題です。

桜を見ながら、今週末に考えてみてください。

===============================
■編集後記
===============================

東京ミッドタウンに行ってきました。正式オープンは今月末だそうです。
そこに出展している「THE COVER NIPPON」というお店
は、「日本製」にこだわった一風変わったお店です。お客様の注目度は
高く、たくさんのお客様が来店されていました。僕も薄~く関わってい
るので、「いらっしゃいませ~」と少しだけ手伝ってきました。行く機
会のある方は是非一度寄ってみてください。残念ながら、僕はいません
けど。では、また来週。

(第102号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

有限会社竹堂園代表取締役、島倉淳さん

【経営コラム】

「信用はコツコツから生まれる」

【書籍紹介】

『起業の科学』田所雅之 著

>> Raymac pressバックナンバー