名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2013/02/15

【社員旅行は楽し】★愛される会社の法則第409号

◎今週のメルマガ 【社員旅行は楽し】

==============================
■クライアント様の社員旅行に便乗
==============================

先日、クライアント様の社員旅行に招かれて、
1泊2日で温泉旅行に行ってきました。

かなり遠方まで行きましたので、若干疲れましたけど、
名所も見られたし、料理も美味しかったし、温泉も気持ちよかったし、
本当に最高に楽しい旅行でした。

クライアントの社員旅行に同行した、と言うと、

「コンサルタントって、そんなことまでするんですか?」

と言われますが、

僕自身は単純に楽しそうだから連れてってもらっただけで、
「仕事」という感覚は全然無いんです。(いいか悪いかは別にして、笑)

だから、ただただ、
楽しい時間を過ごさせて頂いた、と感謝している豊田なのです。

==============================
■社員旅行は、コミュニケーションの機会
==============================

もちろん、旅行の中で、
社長と社員さんとのやりとりの仕方や、
社員さん同士の会話なんかをそれとなく観察しています。

その観察から、今後のコンサルティングの参考になることもありました。

加えて、僕と社長、
僕と社員さんとのコミュニケーションを深める機会にもなって、
僕的にも多くの収穫がありました。

ところで終わってみて思うのは、やはり、社員旅行って、すごくいいな、
ということ。

社長と社員、社員と社員が、仕事を離れて行動を共にするというのは、
お互いを理解し合うための貴重な機会だと思うのです。

「面倒くさいな」と思いつつ参加した社員さんもいるかもしれませんが、
ここで一緒に過ごした時間は、仕事場において絶対に良い影響が出てきます。

同じバスに乗って、同じ風呂入って、同じ酒飲んで、同じ場末のスナック行って・・・。

これだけで、随分と仲間意識を深められるんじゃないでしょうか。

愛される会社になるために、
コミュニケーションの円滑化は最重要項目のひとつ。

必ずや将来につながると思います。

==============================
■任せることで、成長のきっかけに
==============================

社員旅行を社員の成長の場として活用することもできるはずです。

例えば、今回は旅行会社が旅行内容を企画し、
添乗員さんが全てを段取りしていましたが、
この役割を社員さんが行なう、というのも良いでしょう。
既にこの方式で行なっている会社も多いと思います。

相手が喜ぶ企画を考える
段取り良くスケジュールを組む
積極的に皆を盛り上げるよう声かけする

など、普段の仕事とは違う経験ができると思います。
意外な楽しさを発見できるかもしれません。

普段、顧客と接しない現場部門の社員さんたちにとっては、
顧客視点を学ぶ良い機会となるでしょう。

任すことで人は成長するので、
成長して欲しい新人に旅行の企画と仕切りをどんどん任せちゃうのも、
面白いですね。

それで失敗しても、それはそれでいい思い出。
かえって盛り上がるかもしれません。

この「思い出」を共有することも、
愛される会社になるためにはすごく重要なんです。

思い出の数だけ、会社は結束を強くしますからね。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルではどうでしょうか?

僕も勤め人だったころ、何度か社員旅行に行きました。

でも正直、つまらなかったです。
たぶん、宴会くらいしかやることが無かったからだと思います。

どうせ行くんだったら、「親睦を深める」という大目的のために、
とことん企画を練るべきだったんだと思います。

最近よく聞く「田植えツアー」なんか、面白いですよね。
チームに分かれて「どちらが綺麗に植えられるか」
を競うゲームもあったりして、チームビルディングが学べるそうです。

こういう「学び」を埋め込むことも、
充実した社員旅行にするためのポイントです。

せっかく時間とお金を使って社長や同僚と時間をともにするのだから、
観光して楽しかったね、で終わるのも、もったいない。(それもいいけど)

どうすればコミュニケーションが深まり、
会社や同僚を好きになってもらえるか。

この旅行からどんなことを学び、何に気付く機会とするのか。

誰に任せ、どんな成長を期待するのか。

経営者には、是非そこに頭をひねって欲しいと思います。

春に向けて、是非企画してみてくださいね。

応援しています。

==============================
■編集後記
==============================

愛されるプロジェクトの会員様からバレンタインデーのチョコレート
を頂きました。わざわざ宅急便で14日着で送ってくれたのです。
嬉しかったですね~。ありがとうございます!愛される会社プロジ
ェクトも、もっともっと充実させていきたいです。頑張ります。
興味がある方はこちらから→ http://www.raymac.jp/lp 

※2月25日に「戦略」についてのセミナーを行ないます。
2013年を飛躍の年にするために、何をどう考え、
どのように戦略を立てるべきかについて解説します。
景気の良し悪しに左右されずに、
着実にビジョンに向けて進んで行くための、骨太の戦略構築に役立つ
セミナーです。是非ご参加ください。
詳細は→ http://raymac.jp/saishinbenkyokai

※	愛される会社プロジェクトの会報誌、レイマックプレスの無料
お試し購読ができます。毎月、さまざまな業種の経営者の起業体験を
読むことで、経営脳を育てることができます。是非一度お試しくだ
さいませ。→ http://www.raymac.jp/lp

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
http://raymac.jp/book

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社中村ワークス 代表取締役 島倉淳さん

【経営コラム】

「体で覚えたやり方は忘れない」

【書籍紹介】

『日本人の知らない会議の鉄則』ピョードル・F・グジバチ 著

>> Raymac pressバックナンバー